Summary

  • ドルトムントが17歳のFWイザックを獲得
  • 今月、スウェーデンA代表デビュー
  • 欧州のビッグクラブが同選手との契約を狙っていた

香川真司の所属するドルトムントは1月23日、17歳のFWアレクサンダー・イザックをソルナ(スウェーデン)から獲得したことを発表した。ただし、18歳以下の海外移籍のため、国際サッカー連盟(FIFA)の承認待ちとなっている。

イザックは16歳でスウェーデン1部リーグのソルナでデビュー。これまで29試合に出場し、13ゴールを挙げている。また、今月8日にスウェーデン代表として初出場を果たすと、12日のスロバキア戦では同代表の最年少ゴール記録(17歳113日)を樹立した。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、「アレクサンダー・イザックは、非常に優秀なタレントで、ヨーロッパのトップクラブの多くが彼を欲しがっていた」と説明し、「彼がドルトムントを選んでくれて非常にうれしい」と喜びを語っている。

イザックは今年1月8日にスウェーデンA代表デビューを飾り、12日のスロバキア戦で同代表史上最年少となるゴールを挙げた