Summary

  • ブンデスリーガ第4節最終日、ドルトムント対ケルン
  • ドルトムントが5ー0で圧勝、ケルンは泥沼の開幕4連敗
  • 香川は出番なし、大迫は先発から64分までプレー

ブンデスリーガ第4節最終日が9月17日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは、大迫勇也のケルンと本拠地で対戦し、5ー0で勝利した。香川はベンチ入りも出番なし、大迫は先発から64分までプレーした。

ドルトムント 5ー0 ケルン

開始早々の2分、ドルトムントがいきなり先制点を奪う。右サイド高い位置でJ・ホーンをかわし、ヤルモレンコが縦に突破。そこからの鋭いセンタリングに、ニアへ飛び込んだフィリップが頭で合わせ、ネットを揺らした。

ケルンも8分、レーマンがFKを素早くリスタートし、右サイドへ大きく展開。オーバーラップした右SBクリュンターがセンタリングを入れるも、コルドバのシュートはドルトムント守備陣がクリアした。

17分には、ドルトムントが1本のパスからチャンスを作る。トプラクのロビングにカストロが抜け出し、ボールを落とすと、オバメヤンがフリーの状態でシュート。しかしケルン守護神T・ホーンが指先でコースを変え、CKに逃げている。

さらに35分、右からピシュチェクがクロスを入れ、中央のヤルモレンコが頭でそらすも、タイミングをうまく合わせられず、枠の左へ流れてしまった。

すると前半ロスタイム1分、ヤルモレンコが蹴った右CKをT・ホーンがキャッチするもボールをこぼし、ソクラティスがネットへ押し込んだ。イトリッヒ主審はGKへのファウルがあったと見なし、このゴールを認めなかったが、ビデオアシスタントを用いた結果、T・ホーンへのファウルはなかったと判断され、ドルトムントがリードを2点に広げた。

後半に入ると、まずは開始45秒、縦へのスルーパスにオバメヤンが快足を飛ばして追いつき、ペナルティーエリア左からシュートを放ったが、ボールは右ポストをかすめるように外れてしまった。

すると57分、自陣ゴール前でクリュンターがハンドを犯し、ドルトムントにPKが与えられると、これをオバメヤンが59分にきっちりと沈め、ドルトムントのリードは3点に。

その1分後、ピシュチェクのセンタリングを再びオバメヤンがネットへ流し込み、さらに69分にもペナルティーエリア左へ抜けたフィリップが、GKの上を通すチップキックを決め、ドルトムントがついに5ー0とする。

85分には、ドルトムントのイサクがブンデスリーガにデビューを果たし、そのまま試合は終了。ドルトムントはハノーファーを抜き再び首位に浮上したが、一方のケルンは泥沼の開幕4連敗となっている。

【得点】

ドルトムント:フィリップ(2分、69分)、ソクラティス(45+1分)、オバメヤン(59分、60分)
ケルン:なし

【ラインナップ】

ドルトムント(4ー3ー3)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、トプラク、ザガドゥ;カストロ、シャヒン(66分 ワイグル)、ダフート;ヤルモレンコ(66分 プリシッチ)、オバメヤン(85分 イサク)、フィリップ

ケルン(4ー5ー1)
T・ホーン;クリュンター、メレ、ハインツ、J・ホーン;リッセ、ヘーガー(64分 ヨイッチ)、レーマン、大迫(64分 ソーレンセン)、ビッテンクールト(56分 ツォラー);コルドバ