Summary

  • コンフェデ杯GL第3戦、ドイツ代表対カメルーン代表
  • ドイツが勝利、グループ首位で準決勝進出を決定

FIFAコンフェデレーションズカップ2017、Bグループの第3戦が6月25日に行われ、ドイツ代表はカメルーン代表と対戦し、3ー1で勝利した。

ドイツ代表 3ー1 カメルーン代表

カメルーンの出方を伺いながら試合を進めるドイツ。最初のチャンスは開始から10分後だった。左サイド高い位置でボールを受けたウェアナーが、後方のデミルバイに落とし、ドラクスラー、ギンターとつないで右のキミッヒに展開。そこからセンタリングがゴール前に入ったが、GKオンドアがパンチングでこれを防いでいる。

16分にはカメルーンもシュートチャンスを迎える。右からのグラウンダーセンタリングをザンボが落とし、アブバカルがダイレクトで狙ったが、ルディがブロックした。

21分、ドイツは左サイドのドラクスラーが後ろへ戻し、ペナルティーエリア手前のチャンがフェイントでDFをかわして豪快なミドルシュート。しかし惜しくも右ポストの外側に流れてしまう。

さらにその3分後にはプラッテンハートがGKとDFの間へ送った絶妙のセンタリングに、キミッヒがダイビングヘッドで合わせるも、こちらも枠の右に外れた。

前半終了間際の45分、カメルーンに決定機が訪れる。右サイドをオーバーラップしたマブカがファーサイドへクロスボールを入れ、走り込んだザンボがGKの上を狙ってシュート。しかしテアシュテーゲンが指先でコースを変え、CKに逃げるファインセーブを見せている。

後半立ち上がりの48分、ついにスコアが動く。チャンからの縦パスを受けたデミルバイがドラクスラーとのワンツーでバイタルエリアにフリーで進入。DFが寄せてこないと見るや、ペナルティーエリア手前から右足を振り抜き、豪快なシュートをネット右上に突き刺した。

54分にもドイツにチャンス。チャンのスルーパスからウェアナーが抜け出し、GKと1対1の場面を迎える。オンドアがボールを弾き、こぼれ球をキミッヒが無人のゴール目がけて蹴り込むが、再びオンドアが素晴らしい反応を見せ、これをセーブした。

試合が大きく動いたのは64分、こぼれ球をチャンと競ったマブカが、スパイクの裏でチャンの膝を蹴ってしまい、ビデオ判定の末、ロルダン主審はマブカにレッドカードを提示。カメルーンは後半残り半分を10人で戦うことになる。

するとその2分後、最終ラインのズューレが右サイド前線へ大きく展開すると、これを受けたキミッヒが素早くクロスを入れる。難しいバウンドのボールとなったが、ウェアナーが機転を利かせダイビングヘッドでゴールに流しこみ、ドイツがリードを2点に広げた。

78分、エンガマルの低く速いセンタリングに対し、ニアへ飛び込んだアブバカルが頭で触ると、ボールはテアシュテーゲンの手に当たってゴールイン。カメルーンが1点差に詰め寄る。

ところがその3分後、オーバーラップしてきたヘンリクスにブラントが預け、ヘンリクスはペナルティーエリア右からマイナス方向に折り返す。そしてウェアナーがダイレクトシュートでネットを揺らし、ドイツが再び2点差とした。

このまま試合は終了し、他会場のチリ代表対オーストラリア代表が引き分けに終わったため、ドイツのGL首位突破が決まった。メキシコ代表と対戦する準決勝は6月29日にソチで行われる。

【得点】

ドイツ代表:デミルバイ(48分)、ウェアナー(66分、81分)
カメルーン代表:アブバカル(78分)

【ラインナップ】

ドイツ代表(3ー4ー2ー1)
テアシュテーゲン;ギンター、ズューレ、リューディガー;キミッヒ、ルディ(74分 ヘンリクス)、チャン、プラッテンハート;デミルバイ(77分 ブラント)、ドラクスラー(80分 ユネス);ウェアナー

カメルーン代表(4ー3ー3)
オンドア;マブカ、エンガドゥエンガジュイ、テイク、ファイ;ジューム(58分 エンガマル)、ザンボ、シアニ;バソゴグ(82分 トコエカンビ)、アブバカル、ムカンジョ(70分 ギオアタ)