中国の劉延東・国務院副総理が11月25日にベルリンを訪れ、ドイツのアンゲラ・メルケル首相と両国間のサッカーにおけるパートナーシップを結んだ。

パートナーシップは5年の計画で、ドイツと中国の政府間と、ドイツサッカー連盟(DFB)、ドイツサッカーリーグ(DFL)と中国サッカー協会による協定に分かれている。目的は両国間における意見交換で、中国サッカーの成長を促す広範囲における支援、例えば、選手の育成や指導者、審判員の養成、リーグ運営のノウハウの提供なども含んでいる。