Summary

  • W杯欧州地区予選、ドイツ対サンマリノ
  • ワーグナーのハットトリックなどでドイツが大量7ゴール

ワールドカップ・ロシア大会ヨーロッパ地区予選が6月10日に行われ、ドイツはホームでサンマリノと対戦し、7ー0で勝利した。

ドイツ 7ー0 サンマリノ

立ち上がりからドイツがボールを支配し、ゲームはサンマリノ陣内で展開される。まずは10分、セットプレーのこぼれ球を拾ったブラントが、ペナルティーエリア外ゴール正面からドライブ回転をかけるミドルシュートで狙うも、クロスバーを越えてしまった。

その1分後、右のシュティンドルがセンタリングを放り込むと、サンマリノ守備陣の中途半端なクリアがファーサイドで待つドラクスラーの足下へ。ドラクスラーはこれを冷静にゴール右へ沈め、ドイツが先制点を奪うことに成功する。

16分にはキミッヒのクロスボールをワーグナーが頭で合わせ、ドイツに追加点をもたらすと同時に自身の代表初ゴールをマーク。さらに29分、キミッヒがFKを素早くリスタートし、ペナルティーエリア左でユネスが折り返したところを、再びワーグナーが右足で合わせ、ドイツのリードは3点に広がった。

38分、キミッヒの蹴った右CKが、飛び出してきたGKの指先に当たると、さらにマッツァの体に当たったボールはユネスの目の前へ転がる。そして難なく4点目が決まり、ワーグナーに続いてユネスもドイツ代表初得点を記録した。

40分には裏へ抜け出したワーグナーがゴール右から狙ったが、ボールは右ポストを直撃。ワーグナーのハットトリックはひとまずお預けとなり、前半は4ー0で終了している。

後半開始から2分後、右CKのこぼれをムスタフィが拾いゴール左に決め、ドイツが早々に追加点を奪う。さらに72分には左のチャンが中央のキミッヒに預け、そこからゴール前へロビングパスが入ると、最後はブラントがダイビングヘッド。試合は6ー0と、さらに一方的なスコアとなった。

ドイツのチャンスはその後も続く。74分、キミッヒが右からセンタリングを入れ、ウェアナーが放ったヘディングシュートは惜しくも左ポストを直撃。77分には左サイドを縦に突破したチャンが鋭いグラウンダーセンタリングを入れるが、フリーで待っていたワーグナーがこれにうまく合わせられず、ネットを揺らすことはできなかった。

そして85分、ニアサイドへ飛び込んだワーグナーが、キミッヒのクロスボールを頭でうまくファーサイド側のネットへ流しこみ、ハットトリックを達成。ドイツは予選GL最下位のサンマリノ相手に7ー0の圧勝を飾り、6連勝でGL首位を守っている。

【得点】

ドイツ:ドラクスラー(11分)、ワーグナー(16分、29分、85分)、ユネス(38分)、ムスタフィ(47分)、ブラント(72分)
サンマリノ:なし

【ラインナップ】

ドイツ(3ー1ー4ー2)
テアシュテーゲン;キミッヒ、ムスタフィ、ヘクター(55分 プラッテンハート);チャン;ブラント、ゴレツカ、ドラクスラー(76分 デメ)、ユネス;ワーグナー、シュティンドル(55分 ウェアナー)

サンマリノ(4ー2ー3ー1)
ベネデッティーニ;ボニーニ、デッラバッレ、ビオルディ、チェザリーニ(87分 ブロッリ);マッツァ(69分 ベルナルディ)、ザッフェラーニ;ゴリヌッチ、チェルベリーニ、パラッツィ;リナルディ(78分 ヒルシュ)