Summary

  • 第34節ケルン対マインツのマッチデータ
  • ケルンは7位から5位に浮上してEL出場権を獲得
  • 大迫の最終成績は7ゴール6アシスト

ケルンが大迫勇也の1ゴール1アシストの活躍で7位から5位に順位を上げ、25年ぶりに欧州カップ戦行きの切符をつかみ取った。敗れたマインツは15位に後退したものの何とか残留が確定。武藤嘉紀は62分から途中出場した。

ケルン 2ー0 マインツ

  • ケルンはラスト5試合を2勝3分けで乗り切り、バイエルン・ミュンヘンとレーバークーゼンの援護射撃もあって5位フィニッシュに成功
  • ケルンの最終勝ち点は「49」。勝ち点3制導入後のクラブ最高記録を更新した
  • マインツの勝ち点「37」はブンデスリーガ再昇格を果たした2009年以降ではワースト記録。それ以前を含めても史上2番目に悪い成績
  • マインツは今季17敗目を喫してシーズン敗戦数のクラブワーストを更新。アウェー戦11敗もワースト記録
  • ケルンのヨナス・ヘクターは2015年4月以来、リーグ戦で70試合ぶりの得点をマーク
  • 大迫が今季記録した7ゴール6アシストはいずれもブンデスリーガ移籍後のキャリアハイ
  • ケルンは対人勝率で55%を記録。シュート数でもマインツの3倍以上にあたる16本を記録した
  • マインツのシュート数はわずか5本。枠内シュートはゼロに終わった
  • ケルンのミロシュ・ヨイッチは両チーム通じて最長の11.6kmの走行距離距と最多34回の競り合いを記録した
  • マインツのゲリット・ホルトマンはブンデスリーガ5試合目の出場で初の先発メンバー入りを果たしたが、シュートシーンに絡むことさえできなかった