Summary

  • 第34節ヘルタ対レーバークーゼンのマッチデータ
  • ハフェルツが史上2番目の若さでドッペルパック達成
  • ヘルタは最終戦敗戦も6位でEL出場権を獲得

今季不振を極めたレーバークーゼンがこれまでのうっぷんを晴らすかのような大勝でシーズンを締めくくった。ヘルタ・ベルリンは得意のホームでまさかの惨敗を喫したものの、6位でシーズンを終えて来季の欧州リーグ(EL)出場権を獲得。ヘルタの原口元気に出場機会はなかった。

ヘルタ・ベルリン 2ー6 レーバークーゼン

  • ヘルタはホームゲーム17試合のうち15試合目まではわずか9失点だったが、最後の2試合でそれを上回る10失点を喫した(第32節のライプツィヒ戦で1ー4、最終節で2ー6)
  • ヘルタが1試合で6失点を喫するのは2012年3月以来、およそ5年ぶり。その時はホームでバイエルンに0ー6で敗れた
  • レーバークーゼンの1試合6得点は2004年3月以来。その時もアウェーでブレーメンに6ー2で大勝した
  • ヘルタはラスト10試合で7敗と不振に陥ったが、それまでの貯金に助けられて何とかEL出場圏内でフィニッシュした
  • レーバークーゼンは残留争いに巻き込まれるという不測の事態に陥ったものの、ラスト3試合は無傷で乗り切った(1勝2分け)
  • レーバークーゼンはヘルタがブンデスリーガに再昇格を果たした2013年以降、8度の対戦で7勝目を挙げた
  • レーバークーゼンのチチャリートは2月17日以来(第21節)のゴール。最終戦でようやく長いトンネルを抜け出した
  • チチャリートの開始5分での先制点はヘルタにとって今季最速失点
  • レーバークーゼンのカイ・ハフェルツが2ゴールを挙げ、リーグ史上2番目の若さ(17歳11カ月)でドッペルパック達成者となった。なお、最年少記録はティモ・ウェアナー(現ライプツィヒ)がシュトゥットガルト時代に記録した17歳8カ月
  • レーバークーゼンは今季公式戦で7本のPKのうち5本を失敗していたが、今節は2本のPKをいずれも成功させた
  • 1試合で合計3度のPK判定(ヘルタに1回、レーバークーゼンに2回)は、第7節のマインツ対ダルムシュタット以来今季2度目
  • ヘルタのミッチェル・ワイザーは今年に入って初の先発出場を果たし、71分に8カ月ぶりのゴールを挙げた