Summary

  • 第33節ライプツィヒ対バイエルンのマッチデータ
  • 両チーム合わせて9ゴールは今季最多
  • ライプツィヒは昇格チーム初の2位が確定

2位ライプツィヒが王者バイエルン・ミュンヘンに挑んだ頂上決戦は、計9ゴールが飛び交う派手な撃ち合いの末、終盤に驚異の追い上げを見せたバイエルンが逆転勝利を収めた。

ライプツィヒ 4ー5 バイエルン・ミュンヘン

  • 両チーム合わせて9ゴールは今シーズン最多。バイエルンが5ー4のスコアで勝利したのもクラブ史上初だった
  • バイエルンはライプツィヒ相手に“シーズンダブル”を達成。直接対決の結果がそのまま優勝争いの明暗を分けた
  • ライプツィヒは敗れたものの、3位のドルトムントが引き分けたため、昇格チーム史上初の2位フィニッシュが確定
  • バイエルンは昇格チームとの対戦で28連勝
  • ライプツィヒのマーセル・ザビッツァーが開始65秒で先制点を挙げ、ブンデスリーガにおけるクラブ最速ゴール記録を更新
  • ライプツィヒが開始6分までに得点を挙げるのは今季9度目。1971/72シーズンのアイントラハト・フランクフルト、1982/83シーズンのケルンが打ち立てたブンデスリーガ記録に並んだ
  • カルロ・アンチェロッティ体制下のバイエルンがブンデスリーガの試合で3失点以上を許したのは初めて
  • ライプツィヒはブンデスリーガで初の5失点
  • ライプツィヒはブンデスリーガ初参戦のシーズンで対戦した17チームのうち16チームから勝ち点を獲得。しかし、バイエルン戦では唯一勝ち点が取れなかった
  • ライプツィヒのティモ・ウェアナーは2015年3月のラファエル(ボルシアMG)以来となるバイエルン戦でのドッペルパック(1試合2得点)を達成
  • バイエルンのロベルト・レバンドフスキが史上15人目となるブンデスリーガ通算150ゴールを達成。226試合での到達はゲルト・ミュラーの192試合目に次ぐスピード記録
  • レバンドフスキは今季11度目の1試合複数得点。シーズン11度の1試合複数得点はゲルト・ミュラーに次いで史上2人目の快挙
  • レバンドフスキはPKでチーム3点目を記録。直近15本のPKのうち14本を成功させている
  • バイエルンはレバンドフスキが得点したブンデスリーガの試合で一度も負けたことがない

今季のベストイレブンの投票はこちらから