Summary

  • フランクフルトはコバチ監督体制下で初のリーグ4連敗
  • ニーダーレヒナーが通算2度目のドッペルパック達成
  • 長谷部が日本人のブンデスリーガ最多出場記録を樹立

敵地で逆転勝ちを収めたフライブルクが8位に浮上。敗れたアイントラハト・フランクフルトは辛くも6位をキープしたものの、ニコ・コバチ体制下で初のリーグ戦4連敗となった。

アイントラハト・フランクフルト 1-2 フライブルク

  • フライブルクは勝ち点を「33」まで伸ばし、降格した2014/15シーズンのトータル勝ち点「34」にほぼ並んだ

  • ブンデスリーガの歴史上、第23節終了時点で勝ち点33以上を獲得したチームはすべて残留している

  • フローリアン・ニーダーレヒナーの同点弾はフライブルクのブンデスリーガ通算300点目のアウェーゴールだった

  • ニーダーレヒナーは1本目と2本目のシュートを見事にゴールにつなげた。なお、ブンデスリーガ通算7ゴールのうち6ゴールは敵地で決めている

  • ニーダーレヒナーのドッペルパックは通算2度目。前回もアウェーゲーム(第16節のインゴルシュタット戦)で、同じくチームを2-1の勝利に導いている

  • フライブルクのマークオリバー・ケンプフはブンデスリーガ出場20試合目にして初めて勝利を味わった

  • フランクフルトはニコ・コバチ監督の就任以降、初のリーグ戦4連敗

  • ブンデスリーガで現在4連敗中のチームはフランクフルトのみ

  • コバチ体制下のフランクフルトがブンデスリーガにおいて先行しながら敗れるのは初めて

  • フランクフルトのブラニミール・ルゴタは両チーム通じて最初のシュートを先制点に結びつけ、自己ベストとなるシーズン4ゴール目を記録