Summary

  • ダルムシュタットはリーグ戦12試合ぶりの勝利
  • 冬加入のボイドが古巣相手にブンデスリーガ初ゴールを記録
  • ドルトムントはアウェーで今季4敗目

最下位ダルムシュタットが4位のドルトムントを2-1で下し、12試合ぶりとなる今季3勝目を挙げた。ドルトムントは格下に思わぬ敗戦を喫したが、上位陣がそろって敗れたため依然として4位をキープしている。

ダルムシュタット 2-1 ドルトムント

  • ダルムシュタットは昨年10月のウォルフスブルク戦(3-1)以来、12試合ぶりに勝ち点3を手にした

  • ダルムシュタットは昨季を上回るホーム3勝目。なお、これまでの勝ち点12はすべてホームで稼いでいる

  • ドルトムントは今季11度目の取りこぼし。これで残り試合すべてに勝ったとしても昨季の勝ち点78(24勝6分け4敗)に届かない

  • ドルトムントのアウェー戦績は3勝4分け4敗で黒星が先行した

  • ドルトムントは昨年11月末に行われた敵地でのフランクフルト戦(1ー2)以来の黒星。ヘッセン州のチームとは相性が悪い

  • ドルトムントがアウェーゲームで開幕から11試合連続失点を喫するのは11年ぶり

  • ダルムシュタットのテレンス・ボイドが古巣相手に記念すべきブンデスリーガ初得点をマーク。自身にとってはシーズン2本目のシュートだった

  • ダルムシュタットは今季初めて流れの中から2点を奪った

  • ダルムシュタットのヤン・ローゼンタールは両チーム通じて最多の5本のシュートを放った

  • ダルムシュタットの今季14ゴールのうち6ゴールは“ジョーカー”によるもの。ドルトムント戦ではボイドに代わって投入されたアントニオ・コーラクが勝ち越しゴールを決めた

途中出場で値千金の勝ち越しゴールを挙げたコーラク