Summary

  • ライプツィヒは前半戦を終えて勝ち点と得失点差で昇格チームの最高成績をマーク
  • フランクフルトのGKフラデツキーが開始3分で退場
  • 試合開始から131秒での退場はGKのブンデスリーガ史上最速記録

2位ライプツィヒが、GKルーカス・フラデツキーを開始3分で失ったアイントラハト・フランクフルトを容赦なく攻め立て3ー0の快勝。前半戦の勢いが衰えていないところを印象づけた。

ライプツィヒ 3-0 フランクフルト

・ライプツィヒの「勝ち点39、得失点差+19」は、第17節終了時点での昇格チーム最高成績。これは歴史上唯一、昇格1年目でリーグ制覇を成し遂げた1997/98シーズンのカイザースラウテルンの成績(勝ち点39、得失点差+16)をも上回っている

・ライプツィヒは第17節までにわずか15失点。こちらも第17節終了時点における昇格チームの新記録

・ライプツィヒは今季ホームで無敗をキープ。最大で24ポイントの勝ち点のうち22ポイントを獲得している(唯一の取りこぼしは1-1で引き分けた第4節のメンヘングラートバッハ戦)

・ライプツィヒにとって今節の3-0はホームゲームにおける今季最大得点差勝利

・フランクフルトは今季4敗目。上位勢との対決では初黒星となった(これまでに敗れたのはダルムシュタットフライブルクウォルフスブルク

・フランクフルトの4敗はすべて敵地で喫したもの。これまではいずれも0-1の惜敗だったが、今回はニコ・コバチ監督の就任以来、最大得点差での敗戦となった

・フラデツキーの開始131秒での退場は、GKのブンデスリーガ史上最速記録。フィールドプレーヤーを含めても、これより速い退場劇は2010年8月にケルンのDFユセフ・モハマドが記録した開始93秒のみ

・ライプツィヒのマービン・コンペアが開始6分に先制点。31歳での得点はクラブのブンデスリーガ最年長ゴールとなった

・ライプツィヒは今季、開始6分までに計7ゴールを挙げている

・フランクフルトは前節までFKから一度も失点していなかったが、ライプツィヒ戦ではFKから2ゴールを奪われた

・ライプツィヒのティモ・ウェアナーが今季初のヘディングゴールを記録。これまでの9ゴールの内訳は左足で5ゴール、右足で4ゴールだった