Summary

  • 第13節ダルムシュタット対ハンブルガーSVのマッチデータ
  • ハンブルガーSVは待望の今季初勝利
  • 5連敗のダルムシュタットはノベルト・マイヤー監督を解任

互いに下位に沈むダルムシュタットハンブルガーSVの一戦は、ハンブルクが待望の今季初勝利を挙げて最下位を脱出。北ドイツの名門にとってはクラブ史上最も遅いシーズン初白星となった。一方、5連敗のダルムシュタットはノベルト・マイヤー監督を解任した。

ダルムシュタット 0-2 ハンブルガーSV

・ダルムシュタットはホームでハンブルクに勝ったことがないが、初勝利はまたしてもお預けとなった

・ダルムシュタットは昇降格プレーオフに回る16位へ後退。17位に浮上したハンブルクとの勝ち点差は1となった

・ハンブルクは開幕から先発メンバーの入れ替えが続いていたが、直近3試合は同じ11人が先発に名を連ねている。3試合連続でメンバーが固定されるのはトルステン・フィンク監督時代以来4年ぶりのこと

・ハンブルクのマティアス・オスチョレクはブンデスリーガ通算133試合出場、71本目のシュートで初めてのゴールを決めた

・ハンブルクのミヒャエル・グレゴリッチは、前節ブレーメン戦でのドッペルパック(1試合2得点)に続く得点を記録。リーグ戦での2戦連発は自身初

・フィリップ・コスティッチはハンブルグ加入後初のアシストをマーク。グレゴリッチの先制点をお膳立てした

・5連敗を喫したダルムシュタットはノベルト・マイヤー監督の解任を発表。当面はクラブ育成部門ディレクターのラモン・ベルンドロート氏が暫定的に指揮を執る