Summary

  • ヤルモレンコが今夏ディナモ・キエフからドルトムントへ移籍
  • ウクライナのスター選手、国際経験も豊富
  • スピードとテクニックに自信を持つサイドアタッカー

香川真司が所属するドルトムントは8月28日、ディナモ・キエフからアンドリー・ヤルモレンコを獲得したことを発表した。2021年6月30日までの長期契約を結んだ27歳のウクライナ代表について、知っておきたい5項目を以下に紹介していく。

※ヤルモレンコ獲得のニュースはこちら

【1:旧ソ連生まれウクライナ育ち】

旧ソビエト連邦サンクトペテルブルクに生まれたヤルモレンコは、幼い時に両親の祖国であるウクライナに家族で移住。首都キエフから北北東に150kmほど離れたチェルニヒウで育ち、13歳の時に初めて名門ディナモ・キエフのユースチームの門を叩いた。しかし、「何かが嫌いだったわけではないし、他の何かが好きだったわけでもない。ただ単に、あの時の自分はまだフィジカルも弱かったし、練習についていくのが大変だったんだ」とヤルモレンコが回顧したように、わずか1年で地元へ帰ることになった。

【2:ニュー・シェフチェンコ】

デスナ・チェルニヒウでプロデビューを果たした半年後の2007年1月、再びディナモ・キエフに戻ったヤルモレンコ。移籍直後は同クラブの2軍に所属するも、2008年5月のボルスクラ・ポルタバ戦でトップチーム初出場を記録し、さらに決勝点もマークした。当時、ウクライナのジャーナリストたちは「ニュー・シェフチェンコ到来」と、新たなヒーロー誕生に騒いでいたが、「ゴール前の混戦で、ボールが自分の前に来たから、それを押しこむだけだった。ただラッキーなだけだよ」と、本人はいたって冷静にそのシーンを振り返っていた。

【3:副会長の予言が的中】

ディナモ・キエフの伝説的プレーヤーで、同クラブ副会長を務めていたヨーゼフ・サボ氏は、ヤルモレンコを獲得して間もなく、「彼はベストプレーヤーになる素質を備えている。ディナモのユニフォームにふさわしい選手になってほしい。本当にそう願っている」とコメント。するとその予言は的中し、ヤルモレンコは主力としてリーグ優勝3回、ウクライナカップ優勝2回、同国スーパーカップ優勝4回をチームにもたらし、得点王や年間最優秀選手賞などの個人タイトルをいくつも獲得した。

【4:速いのは足だけではない?】

スピードあふれる突破が魅力のサイドアタッカーとして知られているヤルモレンコだが、彼の“スピード自慢”は他にもある。ウクライナ代表デビューから2年後の2011年9月、ウルグアイ代表との親善試合に出場すると、開始からわずか15秒で先制点を記録。ウクライナ代表の歴代最速ゴール記録を樹立した。

【5:先輩に続け!】

今季ブンデスリーガでは、シャルケのイェウヘン・コノプリャンカ、レーバークーゼンのブラドレン・ユルチェンコに続き、3人目のウクライナ人選手となる。メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)、マインツケルン、レーバークーゼン、ヘルタ・ベルリンなどで活躍したアンドレイ・ボロニン、ドイツ国内タイトルや欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝をバイエルン・ミュンヘンにもたらしたアナトリー・ティモシュチュクなど、ブンデスリーガで確かな爪あとを残した同郷の先輩たちを上回る働きができるだろうか。