Summary

・2016/17シーズン前半戦のベストイレブン

・第7回はセントラルMF部門

・2017年1月31日締切のユーザー投票により選出

ブンデスリーガの2016/17シーズンは前半戦が終了。当サイトではユーザーからの投票により前半戦のベストイレブンを決定していく。第7回はセントラルMF部門。(※投票は2017年1月31日まで

ティアゴ・アルカンタラバイエルン・ミュンヘン
第16節の首位攻防戦では先制点を叩きだした。バイエルン加入後の3シーズンは負傷に悩まされていたが、今シーズンはトップコンディションをキープしており、天才的なボールタッチとパスセンスを我々に披露している。

ナビル・ベンタレブシャルケ
夏の移籍マーケット閉幕直前に加入すると、すぐさまチームにフィットし中盤の要として君臨。高い得点力と力強いドリブルだけでなく、チームのためにピッチ上を縦横無尽に走り、球際にも激しくぶつかっていく闘争心を持つ。

ユヌス・マリマインツ
今季前半戦だけで6得点6アシストを記録するなど、今や押しも押されもせぬマインツ中盤のコンダクター。第11節フライブルク戦ではリーグ通算29ゴール目をマークし、モハメド・ジダンが持つクラブ記録に並んだ。

ゴンザロ・カストロドルトムント
実際に招集の声はかからなかったものの、ドイツ代表復帰がささやかれるほどのハイパフォーマンスを維持。ドルトムントではウスマン・デンベレに次いでアシストが多く、イルカイ・ギュンドアンがいなくなったことを忘れてしまうほど。

アルトゥーロ・ビダルバイエルン・ミュンヘン
“戦士”の異名を持つビダルは、その名の通り今季も攻守にわたって存在感抜群。守備では危険なスペースを巧みに埋め、そして攻撃では積極的にゴール前へ飛び出していく。1試合あたりのボールタッチ数は113回で、同僚ティアゴに次いでブンデスリーガ2番目の成績。

マルコ・ファビアンアイントラハト・フランクフルト
昨季はドイツの水に馴染めていなかったが、第3節で今季初出場を飾ると、そのまま主力に定着。チームの全得点のうち約3割に直接関与しており、今やアレクサンダー・マイヤーと並びフランクフルトの最重要人物となった。