Summary

  • シュメルツァーキャプテン続投が決定
  • トゥヘル監督とロイスも賛成
  • 本人は「大きな名誉」と語る

ドルトムントのマーセル・シュメルツァーがシーズン後半戦も引き続きキャプテンを務めることになった。ドルトムントのキャプテンは今季からシュメルツァーが務めているが、マーコ・ロイスがケガから復帰したことで変更の可能性がうわさされていた。

トーマス・トゥヘル監督はこの問題にすぐさま対処し、うわさを一蹴。「今も、そしてこれからもシュメルツァーが我々のキャプテンだ。私は彼らと話をしたが、3人ともシュメルツァーが今後もキャプテンを続けることに賛成したよ」

ドルトムントに約12年間在籍しているシュメルツァーは、キャプテンの続投決定に「大きな名誉だ」と話している。