Summary

  • フライブルクのシュトライヒ監督にフォーカス
  • シュトライヒは2011/12シーズンの途中からフライブルクを指揮
  • 現在のブンデスリーガの指揮官の中で最長任期を誇る

クリスティアン・シュトライヒは2011/12シーズンのウィンターブレーク中にフライブルクの監督に就任して以降、いまも同じクラブで指揮を執っている。在任期間はケルンのペーター・シュテーガー監督より1年以上も長く、現在のブンデスリーガの指揮官では最長。5年以上にわたってこのクラブを率いているのはフライブルクの街への忠誠心に他ならない。3月18日(第25節のアウクスブルク戦)に指揮官として「200試合」の節目を迎えたシュトライヒ監督は、淡々と自分の仕事をこなし、クラブを1部に昇格させ、さらにはチームをヨーロッパの舞台へと導こうとしている。

フライブルクで指導者キャリアをスタート

フランスとの国境近くに位置するフライブルクの街は、ドイツ南西部の「黒い森」への入口であり、50キロ南にはスイスのバーゼルがある。ベルリンやミュンヘン、フランクフルトのような大都会の喧噪やネオンとはかけ離れた世界。しかし、シュトライヒはそれが気に入っている。

ドイツの最も南西に位置する街、ヴァイル・アム・ラインで生まれたシュトライヒは、18歳の時に当時ブンデスリーガ2部のフライブルガーFCに加入。生まれ故郷に近いフライブルクへと引っ越した。選手としてはブンデスリーガで10試合、ブンデスリーガ2部で52試合に出場。フライブルガーFCからシュトゥットガルト・キッカーズ、フライブルク、FC08ホンブルクと渡り歩き、最後はフライブルガーFCに戻った。

1995年、中足骨の負傷をきっかけに12年間の現役生活にピリオドを打つと、コーチとしての道を歩み始める。引退後はフライブルクに戻ってユースチームのコーチに就任し、2011年までは若手の育成に従事することになった。同時に、2007年からトップチームのロビン・ドゥット監督、マークス・ソルグ監督の下でアシスタントコーチを兼任。その間にエーマー・トプラク(現レーバークーゼン)やデニス・アオゴ(現シャルケ)、オリバー・バウマン(現ホッフェンハイム)などを育て上げている。

そして2011/12シーズン、ウインターブレーク中にソルグ監督が解任されると、シュトライヒはスポットライトが当たる場所へと押し出される。しかしそれは本人が望んだものではなかった。一緒に働いていた監督の解任直後に自分がその席に収まるのは裏切り行為のように思えたシュトライヒは、最初はトップチームを率いる仕事を断ったという。また、監督という仕事の責任の大きさも気にしていた。「この仕事には多くのことが懸かっている。人々の生活と仕事がね。悪い結果が出たら? 責任は私に?」

しかし、シュトライヒは就任の打診から1時間後、監督の仕事を引き受ける決心をする。フライブルクの元会長である故アキム・ストッカーがかつて言っていた「いつの日か、責任を取らなければならない」という言葉を思い出したのである。シュトライヒはその言葉どおりに自らの責任を果たし、クラブを最下位から12位まで浮上させた。最終的に降格圏との勝ち点差は6ポイントもの余裕があった。

クラブへの忠誠心と情熱

救世主となったシュトライヒは翌シーズンにさらに評価を高める。ブンデスリーガを5位で終え、クラブを10年以上縁がなかったヨーロッパの舞台に導いたのである。その後、6年間続いたブンデスリーガ残留の快進撃は2015年に終わりを告げたが、フライブルクは最近のサッカー界にありがちな反応を見せなかった。カリスマ性を備えた監督を慰留し、翌シーズンにはライプツィヒを抑えてブンデスリーガ2部を制覇。1年でブンデスリーガへの復帰を果たす。

51歳となったシュトライヒは再びブンデスリーガで手腕を発揮。今季は第25節終了時点で8位につけ、再びヨーロッパリーグ出場の可能性が見えている。監督のフライブルクへの忠誠心と情熱。それがクラブのサポーターのみならず、他クラブのファンからも人気がある要因だろう。

自身の将来について聞かれる時、シュトライヒは忠誠心を垣間見せる。それは今日のサッカー界に欠けているものだ。「私には契約がある。ここでの契約が終わったら他のことをするだろう。時代は変わった。以前よりメディアの存在が大きくなり、監督へのプレッシャーが強くなった。この仕事をさらに5年続けるのは厳しいだろう」

シュトライヒにとって契約とは約束であるが、この町を離れるつもりはないという。「家族も友だちもフライブルクに住んでいる。ここが私の家なんだよ。こういうことを言えるブンデスリーガの監督は他にいるかな。あるクラブを離れたと思ったら、数カ月後にはまた違うクラブにいく。私は毎日、家族や友だちがいる場所に帰れる。これは特権だと思うよ」

シュトライヒ監督の人間的な魅力

シュトライヒはフライブルクのサッカー史の中だけで知られた存在ではない。サッカー以外のことで意見を述べることでも有名である。シュトライヒが監督に就任してまもなく、地元紙の『バーデン州新聞』は「今週のシュトライヒ監督」というコラムを設けた。監督が話した面白い言葉を集めて掲載したのである。シュトライヒはドイツやドイツサッカー界における難民や移民の状況についても意見を述べている。「サッカー界には尊敬の気持ちがなければならない。ピッチ上では常に10カ国ぐらいの選手がプレーをしている。国籍が違うからといって、選手を排除できるかい?」

シュトライヒはしばしば、「社会的能力」についても言及している。人生を通して、個人としての自分がどうやって成長したかということを話しているのだ。自分は感情的な若者だったと認めつつも、今はどのような背景があろうと出会った人には尊敬の念を示したいと努力している。そして、それを選手やスタッフ全員に理解してもらおうとしている。また、民主主義における権利として、選手たちには必ず選挙の投票に行くよう指導している。

シュトライヒの人間性、そして監督としての特徴を決定づけているのは、地に足がついた彼の性格である。試合日に自転車でスタジアムと家を往復していることは有名だが、安全なのかと質問されると「ボディーガードは必要ない。あれはセレブにつけるものだよ」と答えた。

シュトライヒは自身のことをスポットライトを浴びるタイプではないと考えている。実際、最初に監督の仕事を断った理由は、メディアの注目を集めて四六時中、撮影されたり観察されたりするのが嫌だったからと明かしている。とはいえ、シュトライヒは自分の仕事に感謝し、サッカーに対する情熱を持ち続けている。「サッカーが好きということに尽きる。この仕事のおかげで、世界中のいろいろな人に会うことができた。私にとって、それは贈り物だよ」