Summary

  • ブンデスリーガ第3節シャルケ対シュトゥットガルト
  • 前後半の立ち上がりにゴールを決めたシャルケが3ー1で勝利
  • 浅野は72分から出場

ブンデスリーガ第3節最終日が9月10日に行われ、浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトは、敵地でシャルケと対戦し、1ー3で敗れた。浅野は72分から途中出場している。

シャルケ 3ー1 シュトゥットガルト

試合が大きく動いたのは開始からわずか2分後、ペナルティーエリア内でアリがマンガラに倒され、ウィレンボアク主審はビデオ判定の末に、シャルケへPKを与える。そして4分、これを10番ベンタレブが冷静にゴール左へ沈め、シャルケが幸先良く先制点を奪った。

しかしシュトゥットガルトも20分、アオゴが蹴った左からのFKを、パバールがヘディングシュート。しかしボールは惜しくも右ポストのわずかに外側へ流れている。

35分には、シュトゥットガルトのアコロが遠めの位置から意表を突くミドルシュートを放つも、ボールは枠の上。続く39分にも、アコロのセンタリングにゴール前のテロッデがダイレクトで合わせたが、こちらもクロスバーの上へ外れてしまった。

そして40分、ゴール前へ走り込んだアコロが、ブレカロの右クロスにすねで合わせてゴール。シュトゥットガルトが同点に追いつき、前半の戦いを終了した。

ハーフタイムに選手を2人代えたシャルケが、後半立ち上がりに得点を重ねる。まずは47分、オチプカのFKにナルドがヘディングで合わせ、再びリードを奪うと、さらにその1分後には、ゴール正面バイタルエリアのブルグスタラーが、アリとのワンツーで抜け出し、GKとの1対1で冷静にチップキック。これが決まって、シャルケが差を2点に広げた。

終了まで残り10分を切った82分、シャルケはオチプカの左クロスに交代出場のマッケニーがヘディングで合わせるも、元ドイツ代表GKツィーラーの好セーブに遭い、4点目を決めることはできない。

そしてこのまま試合は終了し、シャルケが開幕節以来の白星を獲得。一方の昇格組シュトゥットガルトは、2試合ぶりの黒星となった。

【得点】

シャルケ:ベンタレブ(4分)、ナルド(47分)、ブルグスタラー(48分)
シュトゥットガルト:アコロ(40分)

【ラインナップ】

シャルケ(3ー4ー1ー2)
フェアマン;スタンブリ、ナルド、ナスタシッチ;ケーラー、ゴレツカ、ベンタレブ(46分 カリジュリ)、オチプカ;マイヤー(46分 ブルグスタラー);アリ(76分 マッケニー)、コノプリャンカ

シュトゥットガルト(3ー4ー2ー1)
ツィーラー;パバール、バウムガートル、カミンスキ;ベック(72分 浅野)、マンガラ(62分 アスカシバル)、ゲントナー、アオゴ;アコロ(59分 ドニス)、ブレカロ;テロッデ