Summary

  • シュトゥットガルトの新守護神ツィーラーのインタビュー
  • ハノーファーを退団し、昨季はプレミアリーグのレスターに在籍
  • 1年でブンデスリーガに復帰。新天地でさらなる飛躍を目指す

昨夏にハノーファーからレスター(イングランド)へ移籍したロンロバート・ツィーラーが、シュトゥットガルトに加入してドイツ復帰を果たした。ドイツ代表歴もある28歳の守護神がブンデスリーガ復帰の理由やレスターでの経験、古巣のハノーファーやケルンについて語った。

――レスターではあなたではなくカスパー・シュマイケルが重用されました。チャンスが与えられない状況をどんな思いで過ごしていましたか?

ツィーラー これまでとは状況が一変した。ハノーファーにいた6シーズンはほぼフル出場を続けていたんだからね。ただ、レスターへの移籍が自分にとって大きなチャレンジになることは覚悟していたし、乗り越えなければいけない状況だということも分かっていた。いい時もあれば悪い時もある。それはサッカー選手である限り付いて回るものだし、そこからポジティブな何かを得ようとしていた。

――そのポジティブなものとは?

ツィーラー より謙虚になり、今まで自分が手にしたものをきちんと評価することを学んだ。謙虚になることで失うものはない。苦しい中で人間としても成長することができたよ。だから、レスターでの時間を後悔することは決してない。プレミアリーグでプレーし、プレミア王者として欧州チャンピオンズリーグ(CL)に臨む経験を逃すわけにはいかなかった。

――シュトゥットガルトを始め、ブンデスリーガには若い指揮官が増えました。ハネス・ウォルフ監督の印象はどうですか?

ツィーラー とてもいい印象を持っている。向上心があり、目的意識も高い。チームに対する期待値も高く、練習でも最大の集中力、100%の力を出すことを要求されるんだ。

――ウォルフ監督とは対照的に、レスターのクラウディオ・ラニエリ監督は老練な指揮官でした。一昨季のセンセーショナルなプレミア制覇から一転、今年2月に監督の座を追われましたが、これについては?

ツィーラー とても残念だった。ただ、サッカーの世界ではよくあることだ。監督であれば、いつかポストを追われることがあると分かっているはずだ。それでも、監督交代にはいつも心が痛むんだ。特にラ二エリの場合は、2017年の始めに前年のFIFA最優秀監督に選ばれたばかりだったからね。あれほど極端なことはないと思う。当時のラ二エリには、流れを変えるために必要なあと少しの運が欠けていた。

――レスターではCLの舞台も経験しましたが、あなたが最も成功を収めた場所はやはりハノーファーです。今はシュトゥットガルトの選手ですが、古巣は気になりますか?

ツィーラー 自分はシュトゥットガルトに全精力を注いでいる。ここでいいシーズンを送りたいと思っているし、それは言うまでもないよね。とはいえ、他のチーム、特にハノーファーの結果は気になる。あそこには仲のいい友人もいるし、今でも頻繁にコンタクトを取っているからね。ハノーファーの好スタートはうれしいし、クラブにとっても大きなことだ。ただ、彼らもまだシーズンは始まったばかりということは分かっているはずだ。

――古巣といえば、以前にはケルンにも所属していました。ケルンについてはどうですか?

ツィーラー あまり他のクラブについてあれこれ言いたくはないけど、ケルンは例外として話せるかな。ケルンはこの数年で素晴らしい成長を遂げた。今季の欧州リーグ(EL)出場はその集大成だと思う。チームは素晴らしいし、それを取り巻くヨルク・シュマトゥケCEOやペーター・シュテーガー監督の仕事ぶりも見事だ。

――ケルンはELでアーセナル(イングランド)と対戦します。プレミアリーグを良く知る者として、ブンデスリーガとの力関係をどう見ていますか?

ツィーラー 比較するのは難しいけど、プレミアはよりダイレクトなプレーが多く、ブンデスリーガと比べてスピードとフィジカルを重視する面がある。ドイツサッカーはイングランドと比べて戦術を重視する。インフラ面も素晴らしいし、その魅力はとてつもないね。

――ブンデスリーガへの復帰を決めたのは、やはり“わが家”のほうが居心地が良かったからですか?

ツィーラー ハノーファー退団を決めた昨夏もブンデスリーガでのプレーは選択肢の一つだった。でも、プレミア優勝チームからのオファーをなんとしても受けたいと思った。プレミアリーグで爪あとを残したいというのもあった。そして今はプレミアリーグ、CL、そしてFAカップに出場したことがあると言うことができる。ただ、イングランドにいる間も、ブンデスリーガの楽しさを忘れたことはなかった。どのスタジアムも知っているし、ファンの熱狂ぶりはファンタスティックだ。それにドイツはライフクオリティーが高い。だから、ドイツ復帰が決まって本当にうれしいよ。

――CLと言えば……恐らくシュトゥットガルトの目下のテーマではないと思いますが、長期的には欧州カップ戦の出場も目標に入ってくるのでは?

ツィーラー 慎重に一歩ずつ進んでいくべきだと思う。昇格したシーズンは特に難しい。チームの目標はただ一つ。とにかく勝ち点を積み上げ、なるべく早く来季もブンデスリーガで戦う権利を得ることだ。他のことに目を向けるのはそれができてからだね。チームには大きな伸びしろを持った若い選手が多く、このクラブ自体、あらゆる面でビッグクラブと同じ規模のものをそろえている。だから、将来的には本当にいいチームに仕上がると信じているよ。