Summary

  • インターナショナルウィークが終了
  • 10月13日にブンデスリーガが再開
  • 浅野のシュトゥットガルトは本拠地で大迫所属ケルンと対戦

浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトは10月11日、同13日に本拠地で行われるブンデスリーガ第8節ケルン戦に向けた公式会見を行い、ハネス・ウォルフ監督が壇上に姿を現した。同監督のコメントは、以下の通り。

【ハネス・ウォルフ監督】

「金曜夜の試合で成功を収めるためには、メンタル面、フィジカル面、そして感情の面でも、トップの状態で臨むことが求められます。ケルンというチームはフレキシブルさを備えた良いチームであり、これまで非常に攻撃的な試合を繰り広げてきました。ただ、今季はミスが失点につながっていますし、けが人を多く抱えるという不運にも直面しており、運が味方しているとは言えません。少なくとも金曜までは、彼らがそのような状態でいてくれたらいいのですが。ここまでの我々も、チャンスをゴールに結びつけることがあまりできていません。もっと積極的にプレーしていかなければならないでしょう。チャドラック・アコロは代表戦から戻ってきて風邪をひいてしまいましたが、木曜のチーム練習には合流できるはずです。先発から起用できるのか、それとも途中から出場できるくらいの状態なのかは、見極めなければなりませんね」