Summary

  • シュトゥットガルトのシーズンチケットが売れ行き好調
  • 開幕1ヶ月前時点ですでにクラブ史上最多の売り上げを記録
  • 昨季はブンデスリーガ2部で史上最多の観客動員を記録していた

昨季、ブンデスリーガ2部で史上最多の平均観客動員数を記録したシュトゥットガルトが、2017/18シーズンはさらに多くの観客の後押しを受けることになりそうだ。

昨季のシュトゥットガルトの平均観客数は5万人超。これはイングランド王者チェルシー、フランス王者モナコ、イタリア王者ユベントス、オランダ王者フェイエノールトの平均観客数を上回る数字だった。また、シーズンチケットの売り上げはこれまで2012/13シーズンの「3万500枚」が最多だったが、新シーズンは開幕1カ月前の時点ですでに史上最多の「3万1000枚」超え。販売は7月6日に始まったばかりで、記録は今後さらに更新される見込みだ。

マーケティングの責任者ヨッヘン・レットゲーマン氏は、「昨季の新記録に続いて、今季もサポーターの支持を受けることができて感動している。彼らはすべてのホームゲームに来て、我々をサポートしてくれる。シーズンの開幕が待ち遠しいし、ホーム開幕戦(第2節のマインツ戦)は完売になるといいね」と、シーズンチケットの販売状況を喜んでいた。