Summary

  • 4月に戦列復帰を果たしたシャルケのDFコケ
  • 右サイドバックとして好パフォーマンスを披露
  • セビージャ時代には3度のEL制覇を経験

昨夏にスペインのセビージャからシャルケにやって来たコケは、シーズン開幕前に膝のじん帯を負傷。約6カ月の離脱期間を経て4月1日にようやく戦列復帰を果たした。

シャルケは第31節終了時点で欧州リーグ(EL)の出場権が得られる6位と勝ち点「4」差の10位。来季もヨーロッパの舞台に立つためには、フライブルク(7位)、ハンブルガーSV(16位)、インゴルシュタット(17位)と対戦する残り3試合で順位を上げる必要がある。しかし、セビージャで3度のEL優勝を経験しているコケは、シャルケが来季もELの舞台で戦えると確信している。

コケは4月1日に行われた第26節、ドルトムントとのルールダービーで初めてシャルケで公式戦に出場。以降、右サイドバックとして素晴らしい働きを見せ続けている。クリスティアン・ハイデルSDはコケのパフォーマンスについて、「ピッチにおいてコケの存在は非常に大きい。サッカーの能力という意味だけではない。ドイツ語の知識は限られているが、ピッチの上で多くのことを管理できている。リーダーとしてチームを引っ張っているんだ。だからこそ、我々は彼を獲得した」と満足感を示している。

では、長い離脱期間を経て、戦列に復帰したコケに意見を聞いてみよう。

シャルケの順位について

第29節のダルムシュタット戦(1ー2で敗戦)に勝っていれば、EL出場権にぐっと近づくことができたはずだ。でも、ライプツィヒ戦での引き分け(1ー1)とレーバークーゼン戦での勝利(4ー1)で希望をつなぐことができた。残りは3試合あるから、しっかり準備をしなければならない。まずはフライブルク戦からだね。すべてのチームから勝ち点3を奪いたい。

フライブルクについて

安定したチームだ。セビージャにいた2013年にELで対戦したことがあるから、シュバルツバルト・シュターディオンのことも知っている。

ハイデル氏のコメントについて

長い離脱の後で、チームに完全に復帰できてうれしく思っている。2月まで一人でリハビリをしながら、体調をフィットさせようと努めてきた。復帰に向けてたった一人で黙々と前に進んでいくのは簡単なことではないんだ。ピッチに戻ることができたし、ロッカールームで貢献もできて最高にうれしい。

自身のパフォーマンスについて

確実に良くなってきている。フィットネス面でも残り3試合は問題なくプレーできると思う。いずれにせよ、次のシーズンに向けて夏の間に激しいトレーニングをしたいね。

欧州リーグについて

今季の優勝チームを予想するのは難しい。マンチェスター・ユナイテッドにはかなりチャンスがあるだろうけど、アヤックス、リヨン、セルタにもチャンスはある。でも、セルタが優勝したらうれしいな。友だちのイアゴ・アスパスらがプレーしているからね。