Summary

  • シャルケの新指揮官、テデスコ監督
  • ブンデスリーガ史上8位の若さでデビューへ

内田篤人が所属するシャルケは6月9日、マークス・ワインツィアル監督を解任し、新たにドメニコ・テデスコ監督と2年契約を締結したと発表した。これにより同監督は2017/18シーズン開幕戦、ブンデスリーガクラブ指揮官デビューを31歳341日で飾ることになる(※シャルケの開幕戦が8月19日だった場合)。

ブンデスリーガでは2015/16シーズン後半戦に、28歳205日という史上最年少の若さでユリアン・ナーゲルスマンがホッフェンハイムの監督に就任した。それに比べればやや“老いて”いるものの、浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトのハネス・ウォルフ監督も現在36歳。このまま人事に動きがなく、18クラブの監督の顔ぶれに変化がなければ、来季開幕時の全クラブ指揮官平均年齢は44.94歳となり、直近24シーズンで最も若くなる。年齢に関係なく指揮官に抜擢するという近年の傾向は、テデスコ監督の誕生により、さらに強まっていくかもしれない。


【ブンデスリーガ史上最年少監督ランキング】

順位    名前    デビュー当時のクラブ    デビューした年齢
1    ユリアン・ナーゲルスマン    ホッフェンハイム    28歳205日
2    カールハインツ・ミュルハウゼン    ハノーファー    30歳244日
3    クラウスディーター・オクス    ハンブルガーSV    30歳288日
4    ヘルムート・シュルテ    ザンクト・パウリ    30歳313日
5    エリッヒ・リベック    アイントラハト・フランクフルト    31歳65日
6    ラインハルト・ザフティヒ    バイエルン・ミュンヘン    31歳118日
7    ダミアン・ハラタ    VfBライプツィヒ    31歳245日
8    ドメニコ・テデスコ    シャルケ    31歳341日
9    ヘアマン・ゲアラント    ボーフム    32歳27日
10    ラルフ・ミンゲ    デュナモ・ドレスデン    32歳195日