Summary

  • ブンデスリーガ第30節、シャルケ対ライプツィヒ
  • 先制はライプツィヒ、後半開始40秒でフンテラーが同点弾
  • 内田はベンチ外

ブンデスリーガ第30節最終日が4月23日に行われ、内田篤人が所属するシャルケは本拠地でライプツィヒと対戦し、1ー1で引き分けた。内田はベンチ外だった。

シャルケ 1ー1 ライプツィヒ

この試合最初にチャンスを作り出したのはシャルケだった。12分、右サイドをオーバーラップしたSBコケのセンタリングに、ブルクスタラーが頭で合わせる。しかしボールは左ポストの約1m外に流れてしまった。

その2分後、敵地に乗り込んだライプツィヒが先制点を奪う。右サイドの高い位置からベルナルドが速いクロスボールをゴール前に送ると、ニアサイドでヘーベデスに競り勝ったウェアナーがヘディングシュートをネットに突き刺した。

36分、ライプツィヒはマイヤーの蹴った右FKを跳ね返すと、こぼれ球に反応したウェアナーがシャルケ守備陣を置き去りにし、ハーフウェーライン付近で最終ラインを突破する。しかしウェアナーのドリブルが長くなったところを見逃さなかったのは、前目にポジションを取っていたGKフェアマン。スライディングで間一髪ボールをクリアし、ライプツィヒのチャンスを潰した。

ライプツィヒが1点をリードして後半に突入したが、開始早々にスコアが動く。46分、右サイドを縦に走るブルクスタラーへスローインが渡ると、後方のカリジュリにバックパス。そこからのクロスをゴール前のフンテラーがダイビングヘッドで合わせ、シャルケが1ー1の同点に追いついた。

しかしゴール前でのチャンスはライプツィヒに多く、62分にはシャルケ側ペナルティーエリア内で、フォースベルクが左のウェアナーに預ける。コケとの1対1を縦に突破したウェアナーからのセンタリングに、パウルゼンが飛び込んだが、バートシュトゥーバーが一瞬先に足を伸ばしてこれをクリア。ライプツィヒが再びリードを奪うことはできなかった。

80分には、やや左の位置でライプツィヒがFKを獲得。ザビッツァーが直接狙うも、ボールはクロスバーをかすめるように外れている。

そしてこのまま試合は1ー1で終了。2位ライプツィヒと11位シャルケの順位に変動はなかった。

【得点】

シャルケ:フンテラー(46分)
ライプツィヒ:ウェアナー(14分)

【ラインナップ】

シャルケ(4ー4ー2)
フェアマン;コケ、ヘーベデス、バートシュトゥーバー、コラジナッチ;カリジュリ(50分 シェプフ)、スタンブリ、ベンタレブ、マイヤー(82分 リーター);フンテラー、ブルクスタラー(74分 ディサント)

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;ベルナルド、オーバン、コンペア、ハルステンベアク;ザビッツァー、ケイタ、デメ、フォースベルク(77分 イルサンカー);パウルゼン(90+1分 ゼルケ)、ウェアナー(83分 バーク)