Summary

  • ウパメカノはライプツィヒと4年半の契約を締結
  • オーストリア王者のザルツブルクから加入
  • ラングニックSDは「とても満足している」

ライプツィヒは1月13日、オーストリアのザルツブルクからフランス人DFダヨ・ウパメカノを完全移籍で獲得したことを発表した。

現在18歳のウパメカノはライプツィヒと2021年までの契約を締結。スポーツディレクターのラルフ・ラングニック氏は「ダヨ・ウパメカノはこの1年半の間にザルツブルクで素晴らしい成長を遂げた。彼は国内リーグと欧州大会で卓越したパフォーマンスを披露し、注目を集めていた。彼のポテンシャルとプレースタイルを考慮すると、完璧に我々のスタイルに合う選手だ」とコメントしている。

「彼は国際的なビッグクラブから多くのオファーを受けていたが、我々を選んでくれてとてもうれしいよ。ダヨがチームを大いに強化してくれると確信している」

ザルツブルクからライプツィヒへの移籍はウパメカノで8人目。ラルフ・ハッセンヒュットル監督は昨夏、オーストリア王者からベンノ・シュミッツ、ベルナルド、ナビ・ケイタの3名を獲得していた。

ウパメカノは2015年にフランスのバランシエンヌからザルツブルクに移籍。今季はここまで21試合に出場していた。