Summary

  • バルトラがSNSを使って勇敢なドルトムントサポーターを見つけ出す

ドルトムントのDFマルク・バルトラが、4月1日に行われたルールダービーでスタンド観戦していたあるサポーターをSNSで探し出して会うことになった。

今回のルールダービーはシャルケの本拠地フェルティンズ・アレーナで行われたが、バルトラは試合後、青く染まった観客席にポツンと座る一人の女性に目をとめた。その女性は敵地ゲルセンキルヒェンのスタンドで勇敢にもドルトムントの黄色いユニフォームを着用していたのだ。

バルトラは4月2日午後、ハッシュタグ「#Echte Liebe」(真実の愛)を付けて、「この女性を見つけてください。僕のサイン入りユニフォームを差し上げたい」とツイート。すると、24時間も経たずにこの勇敢なサポーターが誰だったのかが判明。拡散に協力してくれたサポーターやメディアに感謝した。女性の名前はシュテフィさん。約束どおり、バルトラは直接会ってユニフォームをプレゼントするという。