Summary

  • ブンデスリーガ第7節初日、シャルケ対レーバークーゼン
  • ゴレツカの鮮やかな直接FKでシャルケが先制
  • 後半投入されたベイリーの個人技でレーバークーゼンが同点に追いつく

ブンデスリーガ第7節初日が9月29日に行われ、シャルケは本拠地でレーバークーゼンと対戦し、1ー1で引き分けた。

シャルケ 1ー1 レーバークーゼン

この試合最初のシュートは4分、先日シャルケとの契約を2022年まで延長したマッケニーが遠めから放ったが、枠を大きく外れてしまう。

24分には右からのセンタリングを跳ね返されるも、これを拾ったマッケニーが左へ流し、オチプカが強烈なミドルシュート。しかしこれも、右ポストの数m外へ流れた。

しかし34分、やや右の位置でFKを獲得すると、これをゴレツカが直接狙い、GKレノは一歩も動けず、ボールはニアサイドのネットへ。鮮やかなゴールでシャルケが先制点を奪う。

レーバークーゼンも45分、右からのクロスをペナルティーエリア左のブラントが、ダイレクトシュートで脅かすも、GKフェアマンが素早く反応し、これをブロックしている。

後半に入り56分、左からのFKがゴール前に送られ、混戦の中、こぼれ球をゴレツカが5mの位置からダイレクトボレー。だが抑えをきかせることができず、ボールはクロスバーを越えてしまう。

すると61分、後半から投入されたベイリーの積極的な姿勢が、試合を動かす。右サイドに開きながらL・ベンダーの縦パスを受け、そのままドリブルで果敢に突進。ペナルティーエリアに入ったところで強引にシュートを放つと、これがナスタシッチの足に当たり、フェアマンの上を越えてゴールに決まった。

同点に追いつき勢いに乗るレーバークーゼンは71分、右のアラリオがこぼれ球をネットにねじ込むも、ビデオ判定の結果オフサイドとなり、逆転弾とはならない。

85分、シャルケは左CKをナルドが打点の高いヘディングで合わせるが、ゴール右下に飛んだボールはレノにキャッチされてしまう。両軍ともに最後までゴールを目指したが追加点は生まれず、ドローで終戦となった。

【得点】

シャルケ:ゴレツカ(34分)
レーバークーゼン:ベイリー(61分)

【ラインナップ】

シャルケ(3ー4ー3)
フェアマン;ケーラー、ナルド、ナスタシッチ;カリジュリ、ゴレツカ、マッケニー(90+1分 マイヤー)、オチプカ;アリ、エンボロ(54分 ブルクスタラー)、コノプリャンカ(84分 ディサント)

レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
レノ;レツォス、ター、S・ベンダー、ウェンデル;L・ベンダー、アランギス(46分 ハフェルツ);ベララビ(46分 ベイリー)、フォラント、ブラント(82分 コア);アラリオ