Summary

  • コンフェデ杯GL第3戦、ドイツ対カメルーン
  • 3ー1で勝利したドイツ代表関係者コメント集

FIFAコンフェデレーションズカップ2017、Bグループの第3戦が6月25日に行われ、ドイツ代表はカメルーン代表と対戦し、3ー1で勝利した。試合後のドイツ代表関係者コメントは、以下の通りとなっている。

ヨアヒム・レーフ監督: カメルーンのようなチーム相手では、今日のような前半の内容になってしまうことは、監督しては理解しなければなりません。カメルーンは1対1の状況に持ち込むチャンスを何度も作っていました。しかし我々も後半から良くなり、試合を支配するようになりました。私にとっては、すべての選手に出場時間を与えてあげることも重要な点の1つでした。アミン・ユネスも左サイドで良いプレーを見せてくれましたし、ベンヤミン・ヘンリクスの出来にも満足しています。

ケレム・デミルバイ: 試合の入りはまったくダメでしたし、スペースを見つけるのにも苦労しました。しかし後半立ち上がりに私が決めたゴールで、再び我々は自分たちのサッカーを取り戻せたと思いますし、その後は試合を支配できました。今日の試合に出場できたことをうれしく思っています。

ユリアン・ドラクスラー: 後半にもっと良いパフォーマンスを見せなければなりませんでした。ハーフタイムに我々はみんなで「前半のような内容ではいけない」と話し合ったのです。後半に入ってすぐにゴールを奪えたことで、かなり楽になりました。(GL首位になったため)準決勝までの休みが1日多くなりましたね。

ティモ・ウェアナー: 後半に入れば内容が良くなることは想定していました。後半立ち上がりの先制点と、カメルーンのレッドカードで我々は大いに助けられました。「純粋にこの試合に勝ちたい」と誰もが考えていました。ドイツ代表で初ゴールを決められたこと、しかも2得点を決めたことを喜んでいます。我々が素晴らしいチームであることは、見ているみなさんにも分かって頂けたと思います。

マービン・プラッテンハート: 前半は難しいゲームでした。なぜなら、我々はあまりにも簡単にボールを失ってしまったからです。後半に入ってからはしっかりと戦い、多くのシュートチャンスを作り、そして最後には勝利に値する内容でした。しかし、すぐに体調を整えなければなりません。(準決勝の相手)メキシコ代表は非常にアグレッシブなチームですし、試合に向けて良い準備をすることが求められます。

※「ドイツ代表対カメルーン代表マッチレポ」はこちら