Summary

  • コンフェデレーションズカップ2017、Bグループ第1戦オーストラリア対ドイツ
  • ドイツが3ー2で勝利、12年ぶり出場の同大会を白星スタート

FIFAコンフェデレーションズカップ2017、Bグループの第1戦が6月19日に行われ、ドイツ代表はオーストラリア代表と対戦し、3ー2で勝利した。

オーストラリア代表 2ー3 ドイツ代表

開始5分、いきなり試合が動く。スルーパスに抜け出したブラントが右サイドを深くまでえぐり、マイナス方向にグラウンダーセンタリング。フリーで待ち構えていたシュティンドルがダイレクトで合わせ、ドイツが先制点を奪った。

ドイツの攻勢はこの後も続き、16分にはゴレツカのセンタリングをワーグナーがダイビングヘッドで狙うが、惜しくも左ポストの数cm外側。さらにブラントがペナルティーエリア右の至近距離から放った22分のシュートも、GKライアンに弾かれてしまう。

オーストラリアにこの試合最初のチャンスが訪れたのは37分、左サイド高い位置で獲得したFKから、オフサイドぎりぎりで飛びだしたセインズベリーがヘディングシュート。しかしボールはポストをかすめるように外れた。

するとその4分後、素早く縦へボールを運んだオーストラリアはロギッチが遠めの位置から狙うと、ボールはDFムスタフィの体に当たって再びロギッチの足下へ。GKレノがバランスを崩していたために対応が遅れてしまい、ロギッチの2本目のシュートはネットに突き刺さる。

しかしオーストラリアが同点に追いついてから2分後、ルオンゴがペナルティーエリア内でゴレツカを倒し、ドイツにPKが与えられると、44分にドラクスラーがきっちりとこれを決めて追加点。ドイツが1点をリードした状態で、前半の戦いを終了した。

後半も立ち上がりからドイツがボールを支配すると、48分にブラントからキミッヒへとボールがつながり、キミッヒは“ため”を作った後に裏へふわりとしたパスを送る。そして最終ラインを突破したゴレツカがGKとの1対1の場面で冷静にゴールを決め、ドイツがリードを2点に広げた。

しかしオーストラリアも粘りを見せる。56分、ロギッチのシュートがジュリッチの肩に当たってコースが変わり、GKレノはこれに反応するもボールをファンブル。最後はジュリッチがこぼれ球を押し込み、オーストラリアが1点差に迫った。なお、ドイツ側はロギッチのシュートがジュリッチの肩ではなく手に当たったと主張したため、ガイガー主審は本大会で導入されたビデオ判定を使用。だが、オーストラリア側がハンドを犯したとは判断されず、ジュリッチのゴールは認められた。

勢いに乗るオーストラリアは73分、交代で入ったトロイージがバイタルエリアからきわどいコース目がけてミドルシュートを放つ。しかしこれはレノが横っ飛びでボールをキャッチした。

ドイツも75分、ルディが高い位置でプレスを仕掛けると、こぼれ球を拾ったウェアナーがペナルティーエリア左でオーストラリア守備陣をかわしシュート。だが、ニアサイドに転がるボールは残念ながら左ポストを直撃してしまい、試合を決定づける4点目をもたらすことはできない。

そしてこのまま試合は終了。良い時間帯で3得点を奪ったドイツが、12年ぶり出場のコンフェデレーションズカップ初戦を白星で飾っている。

【得点】

オーストラリア代表:ロギッチ(41分)、ジュリッチ(56分)
ドイツ代表:シュティンドル(5分)、ドラクスラー(44分)、ゴレツカ(48分)

【ラインナップ】

オーストラリア代表(3ー4ー3)
ライアン;デゲネク、セインズベリー、ライト;モーイ、ルオンゴ(46分 クルース)、ミリガン、ロギッチ(71分 トロイージ);レッキー、ジュリッチ(86分 ケーヒル)、ベヒッチ

ドイツ代表(3ー1ー4ー2)
レノ;キミッヒ、ムスタフィ、リューディガー;ルディ;ブラント(63分 ズューレ)、ゴレツカ、ドラクスラー、ヘクター;シュティンドル(78分 チャン)、ワーグナー(57分 ウェアナー)