Summary

  • ケルン大迫、独占インタビュー
  • 同クラブ3シーズン目、チームも個人としても最高のシーズンを送っている
  • ドイツと日本のサッカーの違いは?

ケルンに所属する大迫勇也は今シーズン、ここまでのリーグ20試合のうち19試合で先発し、日本人選手トップの4ゴール3アシストをマークしている。第18節のダルムシュタット戦では2得点1アシストの活躍で、チームを6ー1の大勝に導き、当サイトのMVPにも選ばれた。ケルンは現在7位だが、3位のアイントラハト・フランクフルトとの勝ち点差はわずか3で、欧州カップ戦の出場権を狙える位置につけている。2月19日に行われるシャルケ戦を前に、ドイツでも評価がうなぎ上りの大迫に独占インタビューを行った。

――ケルンに所属して3シーズン目です。1年目、2年目もリーグ25試合以上に出場しましたが、「もっとできるのでは?」という印象を持っていました。それが、今シーズンは本来の力を発揮しているようです。果たしてこの見解は正しいでしょうか?

大迫 今シーズンに限ってはすごく良い形で、また今まで以上に長く、試合に関わることができているので、そのことに関してはすごく充実感があります。ただ、もっともっと目に見える結果を、得点とアシストを増やしていきたいですね。

――ダルムシュタット戦は最高の出来に近かったですか?

大迫 良い試合だったことは確かですけど、完璧とはまだまだ。もっともっと続けていきたいです。ただ、結果が出れば、良い気分で次の試合にも臨めるし、コンディションも上がっていくと思います。 

「今まで期待してくれていた分、結果で返していきたい」

――ケルンの首脳陣は入団当時から常に大迫選手に期待していました。それがプレッシャーになったことはありますか?

大迫 結果が出ないときも期待してくれて、信頼してくれていることは感じていました。もっともっと結果を出さなくてはいけないという実感はありました。ただ、これから、今まで期待してくれていた分、結果で返していければと思います。

――昨季まではトップ下などでプレーすることもありましたが、今シーズンはアントニー・モデステ選手と2トップでの出場が増えました。大迫選手にとってこのポジションが一番適しているのでしょうか?

大迫 僕自身ずっとFWとしてプレーしてきたので、そこが一番やりやすいということに変わりはないです。ただ、監督から言われたポジション、その時のチーム状況もあるし、やるべきことはしっかりやろうと考えています。

――モデステ選手とのコンビネーションは相手チームにとっては脅威となっています。モデステ選手とのプレーはいかがですか?

大迫 2トップで出た試合はすごくよい形でできていると思います。モデステは個人で、一発で試合を決められる選手なので、相手が彼に集中することで、僕への注意が薄れるという隙もあります。2人がゴールに向かっていくことで、もっともっと相手に脅威を与えられると思います。

昨季まではモデステ(左)の1トップだったが、今季は同選手と大迫が2トップを組んで抜群のコンビネーションを見せている

――ドイツでの生活で難しいことはありますか?

大迫 今はもう生活には慣れたので大丈夫です。心地よく生活することができています。ただ、最初はやっぱり、時間が掛かりました。でも、最初に不自由なことは普通なので。

――もうすぐカーニバルが始まります。ケルンのカーニバル文化について、理解するのは難しいですか?

大迫 それは、ドイツ人から見てもそう思うんじゃないですか(笑)

――確かにそうですね(笑) 仮装はされますか?

大迫 それは着ないといけないですよね……。

昨年のカーニバルの仮装の様子。今年の衣装はまだ悩んでいるとのこと

「奥寺さんがブンデスリーガへの道を開いてくれた」

――日本とドイツのサッカーの違いは?

大迫 全体的なレベルがブンデスリーガの方が上ですし、個の力もすごく強いと感じます。日本人はフィジカルが少ない分、技術でサッカーをしようという考えが多いです。

――ブンデスリーガは日本ではどんな存在なのでしょうか?

大迫 ブンデスリーガは日本のJリーグで頑張って、結果を出して、そこから行ける場所。日本人は尊敬の目で(ブンデスリーガを)見てくれていると思います。

――ブンデスリーガの日本人選手とはよく連絡を取り合いますか?

大迫 (住んでいる場所が)近い選手とはやっぱり関係があります。僕は内田選手とよくご飯に行きますね。内田選手は日本のチーム(鹿島アントラーズ)で2年くらい一緒だったので、前から仲良くさせてもらっている先輩です。

――ブンデスリーガで初めてプレーした日本人選手、奥寺康彦さんはケルンで1977/78シーズンにブンデスリーガとドイツサッカー連盟カップで優勝を果たしました。現在、奥寺さんは日本でどのような存在ですか?

大迫 奥寺さんがブンデスリーガへの道を開いてくれた、というイメージをサッカー選手は持っています。それは皆が知っていることです。最初に行動を起こすのは大変なことだし、しかも何十年も前のこと……。皆が奥寺さんのことを尊敬していると思います。

――残念ながらそれ以来、ケルンは優勝をしていませんが、それでも今シーズンは過去25年で最高のシーズンを送っています。現在の状況をどう見ていますか?

大迫 まだまだ成長できるチームだと思うし、もう一つ、二つ、上に行くためには、もっと勝つか、負けるかの試合で勝てるだけの力が必要になると思います。向上心を持って、皆が成長していければ、もう一つ上のステージに行けると思うので、それは楽しみですね。

――これからシャルケ、バイエルン・ミュンヘンライプツィヒと難しい試合が続きます。今季の勝負どころでしょうか? それともブンデスリーガはどの試合も難しいのでしょうか?

大迫 やっぱり、ブンデスリーガはすごく良いチームがそろっているので、一試合、一試合、全力を尽くさないといけません。