Summary

  • ブンデスリーガ最終節、ケルン対マインツ
  • 大迫の1得点1アシストでケルンが勝利、武藤は途中出場
  • 試合後の両選手コメント

ブンデスリーガ最終節が5月20日に行われ、大迫勇也の所属するケルンは武藤嘉紀の所属するマインツに2-0で勝利し、5位に浮上して欧州リーグ(EL)の出場権を獲得した。先発した大迫は1得点1アシストの活躍でチームを25年ぶりに欧州の舞台に導いた。武藤は62分から途中出場し、チームは最終節を勝利で飾ることはできなかったが、15位で残留を果たしている。試合後、両選手がインタビューに応じた。

【大迫勇也】

——今の気持ちをお願いします。

大迫 素直に良かったです。ここがチームとしての目標だったので。

——素晴らしいゴールでした。

大迫 1-0で勝っていて、あのようなシチュエーションが来るだろうなと思っていたので、落ち着いて決められました。

——素晴らしいサポーターですね。

大迫 ここでプレーできることは幸せですし、このサポーターと来年また一緒に、良いシーズンを送れたらいいと思います。

——EL出場権獲得のためには、勝たなくてはいけない試合でした。プレッシャーはありましたか?

大迫 僕らがやれることをやるしかないと。やることをやるだけでしたね。

——シーズンを振り返って、いかがでしょうか?

大迫 良い形で入ることができました。ただ、代表(戦で)のけがが悔やまれましたね。でも、また来年につながると思うし、ELもあるし、試合数も増えるのでまた頑張りたいです。

——来年はどういう年にしたいですか?

大迫 今年以上の成績を残さないといけないと思います。新しい選手も取ると思うし、チームの中でもまた良い競争が生まれる。またそこで勝てれば、僕自身もひとつ上のレベルにいけると思います。

 

【武藤嘉紀】

——シーズンを振り返って、いかがでしょうか?

武藤 残留争いをしたことはなかったですし、非常に厳しいシーズンだったなと。自分自身のけがもありました。それでも最後はしっかり、調子を上げられたのは良かったとは思います。

——降格を免れました。

武藤 それもあって、きょうはみんな気持ちがどこかに行ってしまっていたというか。自分自身もちょっと練習でけがをしてしまって、きょうは途中から(の出場)になってしまいました。でも、降格しなかったのは本当に良かったかなと。

——シーズン序盤、ELとの両立は難しかったですか?

武藤 かなり厳しいですね。負傷者も出ますし、ELはとてつもなくハードだなと思いました。(試合会場も)遠いですし。

——それでもやはり、また目指していきたい?

武藤 もちろんですね。欲を言えばチャンピオンズリーグだったり。それが不可能かどうかなんて分からないし、可能性もあるから。とにかく、来シーズンを100パーセントで臨めるように、コンディションをつくっていきたいです。

——来シーズンはどういう年にしたいですか?

武藤 けがなく出場を続けること。そうすれば点を取る自信も、活躍できる自信もあるので。大きなけがをせず、とにかくゴールを取り続けることを意識したいと思います。

——けがをしたことで成長した部分もありますか?

武藤 それはありますけど、でもやっぱりけがをすると難しい年になる。避けなきゃいけないですし、フィジカルコンタクトの多い戦いの中で、けがをせず成長することが大事ですね。