Summary

  • ケルンのDFヨナス・ヘクター、右足首じん帯を断裂
  • 前日のEL、アーセナル戦で35分に負傷交代
  • 主力の離脱はリーグ3連敗中のケルンにとっては痛手

大迫勇也が所属するケルンは9月15日、ドイツ代表のDFヨナス・ヘクター(27)が右足首じん帯を断裂したことを発表した。

ケルンは前日、欧州リーグ(EL)グループステージ初戦でアーセナル(イングランド)と対戦。先発したヘクターだったが、35分に接触プレーにより負傷交代していた。

ケルンは現在、リーグ開幕3連敗中で、最下位に沈んでいる。17日にはアウェーでドルトムント、20日にはホームでアイントラハト・フランクフルト、24日にはアウェーでハノーファーと連戦が控えているが、ヘクター抜きで戦うことになる。