Summary

  • ブンデスリーガ第5節、ケルン対フランクフルト
  • ハラーがPKを決めフランクフルト1ー0勝利、ケルンは痛恨の開幕5連敗
  • 大迫と長谷部はフル出場、鎌田は3試合ぶりベンチ入りも出番なし

ブンデスリーガ第5節最終日が9月20日に行われ、大迫勇也が所属するケルンは、長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトと本拠地で対戦し、0ー1で敗れた。大迫と長谷部はフル出場、鎌田は3試合ぶりのベンチ入りとなったが出番はなかった。

ケルン 0ー1 アイントラハト・フランクフルト

何としてもホームで今季初の勝ち星を得たいケルンは、立ち上がりから気迫のこもった戦いを見せた。一方のフランクフルトも左サイドからスピードを生かした攻撃を繰り返し、5分にはレビッチからのクロスで最初のチャンスを迎えたが、これはケルンDFマローがクリアした。

9分、大迫がケルン最初のシュートを演出する。相手を背負いながら中央で縦パスを受け、左サイドをフリーで駆け上がるラウシュへつないだが、そこからのシュートは惜しくも枠を越えた。

ボランチの長谷部は味方DFラインの間だけでなく、時にはサイドにも顔を出しながら、チーム全体をコントロール。20分には、その長谷部が先制点のきっかけを作る。長谷部からの鋭い縦パスはマローに対応されたものの、後ろへのパスをフランクフルトMFガチノビッチがインターセプト。GKホーンと1対1となったところで、ケルン守護神がスライディングでファウルを犯してしまい、フランクフルトにPKが与えられた。そして22分、ハラーがこれをきっちりと決め、フランクフルトが先制した。

28分、長谷部が守備でも見せる。ケルンFWコルドバが放ったシュートのこぼれ球をツォラーが拾い、至近距離から狙ったが、長谷部が身をていしてブロック。ボールが喉を直撃した長谷部はしばらく起き上がれなかったが、その後は何事もなかったかのようにプレーを続行し、フランクフルトの1点リードで前半は終了となった。

後半開始からケルンの右サイドにMFリッセが入り、フランクフルト陣内に押し込む時間が増える。49分には、ビッテンクールトからのパスを受けた大迫が角度のないところから狙ったが、シュートに威力はなく、GKフラデツキーに正面でキャッチされている。

60分、ケルンベンチは一気に残り2枚の交代カードを切り、勝負に出る。その後も、ほぼ一方的に攻撃を続けたケルンだが、決め手を欠き、なかなかゴールを割ることができない。80分には、シュートのこぼれ球をDFラインの裏にいた大迫が拾いとっさのシュート。だが、これも大きく枠を越えてしまった。

押し込まれるフランクフルトも、長谷部が時折DFラインに下がり、守備を統率して対抗。最後までケルンに得点を与えず、フランクフルトが1点差で逃げ切りに成功した。試合終了後、大迫はピッチにうずくまり、それを励ます長谷部の姿もあった。

【得点】

ケルン:なし
アイントラハト・フランクフルト:ハラー(22分)

【ラインナップ】

ケルン(4ー2ー3ー1)
ホーン;ソーレンセン(60分 クリュンター)、マロー、ハインツ、ラウシュ;ヘーガー(60分 ヨイッチ)、レーマン;ビッテンクールト、大迫、ツォラー(46分 リッセ);コルドバ

アイントラハト・フランクフルト(4ー2ー3ー1)
フラデツキー;チャンドラー、アブラハム、ファレット、タワタ;フェルナンデス、長谷部;ガチノヴィッチ(90+1分 ルス)、ボアテング(74分 ウォルフ)、レビッチ(68分 デグズマン);ハラー