Summary

  • ドイツ代表ギンター、ドルトムントからボルシアMGへ移籍
  • コンフェデ杯の祝賀会後、新居探しへ直行
  • 移籍の決め手を明かした

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)が7月4日、ドルトムントからドイツ代表DFマティアス・ギンター(23)の獲得を発表した。契約は2021年6月までの4年間。

ギンターは先日までロシアで行われていたFIFAコンフェデレーションズカップ2017(コンフェデ杯)で優勝。2014年にはワールドカップで頂点に立っており、昨季はドルトムントでリーグ戦29試合に出場していた。コンフェデ杯を終えた後、その足でメンヘングラートバッハへ向かい、契約書にサイン。4日に行われた入団会見での主なやり取りは以下のとおり。

——移籍を決めた理由

ギンター ディーター・ヘッキング(監督)、マックス・エーベル(SD)ととてもいい話し合いができた。若いチームで将来性がある。とても大きなポテンシャルを持ったチームで、そこでリーダー、主力として引っ張っていくんだというのが決め手になった。サポーターも素晴らしいし、ボルシア・パークの雰囲気はいつだって最高だった。2018年のワールドカップを見据えた時、親しい人たちだけでなく(ヨアヒム・レーフ)代表監督も移籍を勧めてきた。あらゆる面で移籍に向けて動いていたので、こうして決まってホッとしている。

——ボルシアMGの熱意について

ギンター ボルシアMGが僕の獲得に動いてくれたのはこれで3度目だった。ヘッキング監督が興味を示してくれたのも2度目だ。そうした評価と信頼に心を動かされた。スポーツディレクターと監督がそこまで熱心に何度もアプローチしてくれるなんて特別なことだよ。だから、この移籍は心の声を聞いての決断だった。

——コンフェデ杯優勝について

ギンター タイトルを獲ったことで自信がついた。グループステージはスタジアムも空席が目立っていたし、盛り上がっていたわけではなかったから、大会の意義をそれほど感じてはいなかったと思う。でも、準決勝からは誰もが絶対にトロフィーを持って帰るんだという気持ちになった。そして決勝ではワールドカップでも優勝候補の一角に挙げられるチリに勝った。代表でプレーするのは決して当たり前のことではないし、タイトル獲得でさらに自信もついたよ。

——コンフェデ杯優勝からこの会見までの過ごし方は?

ギンター サンクトペテルベルクでの祝勝会はかなり長く続いたので、寝たのは1時間だけだった。昨日の現地時間10時にロシアを発って、12時にフランクフルトに着いた。僕はそのままグラートバッハに直行して新居を探したよ。夜は(ボルシアMGの)チームドクターの検診を受けて、そのあと20時半にヘッキング監督と食事に行った。今朝はメディカルチェックの残り半分をやって、それから契約書にサインをした。

——(代表で一緒だった)ラース・シュティンドルと話したことは?

ギンター ラースも含めて、これからチームメートになる何人かとはすでに知り合いなんだ。数週間前にヨナス・ホフマンの結婚式でも一緒だったからね。ラースとはコンフェデ杯の期間中に家探しの話をすることが多かった。もちろん、クラブとサポーターの話もたくさん聞いたよ。マルクアンドレ・テアシュテーゲンとアミン・ユネスからも、クラブについてポジティブな話しか聞かなった。それで、自分の気持ちはより固まったかな。

——新チームへの合流が遅れることについて

ギンター 全く問題ない。この数年は何かしらの大会に出ていたので、休暇が短いことには慣れている。僕は引っ込み思案なタイプではないので、合流したらチームリーダーとして、新しいチームメートに近づいていくつもりさ。

——チームリーダーとしての役割

ギンター まずは自分自身が結果を残すのが第一。あとはチームメートに心を開いて、早く溶け込むことだね。ピッチ上では難しい状況になったら先頭に立って若い選手を鼓舞したい。

——欧州カップ戦がないシーズンになるが?

ギンター サッカー選手なら誰だって国際舞台に立ちたい。だけどブンデスリーガは各チームの力が均衡していて、昨季は上位の顔ぶれも変わった。ボルシアMGには欧州カップ戦で戦うだけの条件がそろっている。リーグ戦とドイツサッカー連盟カップだけというのは残念だけど、次は出られるよう全力を尽くしていくだけだよ。