Summary

・細貝と浅野のシュトゥットガルトに新ボランチ加入

・ソルナ(スウェーデン)からガーナ代表の有望株、21歳オフォーリを補強

・アフリカネイションズカップ終了後にチームへ合流

浅野拓磨と細貝萌が所属するシュトゥットガルトは1月31日、AIKソルナ(スウェーデン)からエベニーザー・オフォーリを3年半契約の完全移籍で獲得した。

守備的MFを本職とする21歳のオフォーリは、現在ガボンで開催されているアフリカネイションズカップに、ガーナ代表の一員として参加中。同大会終了後にシュトゥットガルトへ合流する予定となっている。なお、背番号は22に決まった。

スポーツ担当取締役のヤン・シンデルマイザー氏はクラブ公式HPを通じ、「若く、成長の見込みがあり、すでにガーナ代表でもプレーしているオフォーリを獲得できました。彼はソルナでヨーロッパのサッカーも経験していますし、俊敏な動きと力強い左足を持っていて、我々はかなり前から彼のプレーをチェックしていたのです」とコメントを発表している。