Summary

  • ドルトムントが逆転でベンフィカを下し、CL準々決勝に進出
  • 大活躍のオバメヤンがチームを後押ししたファンを称賛
  • ドルトムントは本拠地ジグナル・イドゥナ・パークで圧倒的な強さを誇る

欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦セカンドレグが3月8日に行われ、ドルトムントがベンフィカ(ポルトガル)に4-0で快勝。2試合合計スコアを4ー1とし、逆転で準々決勝進出を決めた。

この試合でハットトリックを達成したピエールエメリック・オバメヤンは試合後、ホームの大声援がチームの力になったとコメント。本拠地ジグナル・イドゥナ・パークでCLを戦う雰囲気について聞かれると、「知ってのとおりファンは最高で、今夜も本当にクレイジーだった。当時はここにいなかったけど、マラガ戦を思い出したよ」と過去の伝説的な試合を引き合いに出してファンを称賛した。

ドルトムントは2012/13シーズンのCL準々決勝でスペインのマラガと対戦。敵地でのファーストレグを0ー0で乗り切ったものの、ホームでのセカンドレグでは82分までに2つのアウェーゴールを許して1ー2とリードされていた。勝ち上がりにはあと2点が必要な状況だったが、そこからドルトムントが驚異的な粘りを見せる。アディショナルタイムに入った91分にマーコ・ロイスの得点で1点を返すと、その2分後にはゴール前の混戦からフェリペ・サンターナが押し込んで逆転。奇跡的な逆転劇にジグナル・イドゥナ・パークは興奮のるつぼと化した。

この勝利で勢いに乗ったドルトムントは準決勝でレアル・マドリード(スペイン)を下して決勝まで駆け上がるのだが、マラガ戦のインパクトは翌シーズンにチームに加入したオバメヤンにとっても特大だったようだ。「今夜もクレイジーだったし、ドルトムントでプレーできてうれしい。ここでプレーできることを誇りに思っている」

逆転での準々決勝進出で改めてホームでの強さを見せつけたドルトムント。ジグナル・イドゥナ・パークのファンの強力な後押しを受けてチームは4年ぶりの決勝進出を目指す。