Summary

  • ライプツィヒのFWフォースベルクのインタビュー
  • ここまでリーグトップの15アシストを記録
  • ライプツィヒはすでに4位以内が確定

ライプツィヒのスウェーデン代表FWエミル・フォースベルクは、ここまでリーグトップの15アシストを記録、自らも8ゴールを挙げてスコアポイント(ゴール+アシスト)ランキングの4位につけている。昇格したばかりのチームの攻撃をけん引する25歳に、快進撃の背景やドイツでの生活、そしてライプツィヒの女子チームでプレーするシャンガ夫人について語ってもらった。

「90分を通してすべてを出し切っている」

——今季のライプツィヒは好成績どころか、今も快進撃を続けています。こうした状況を最初に想像したのはいつ頃ですか?

フォースベルク ちょっと難しい質問だね。第2節でドルトムントに勝った時に「自分たちはかなりいけるんじゃないか」とは思ったけど、その頃はシーズン通してここまでコンスタントに結果を出せるとは思っていなかった。もちろん、最終節まできちんと結果を残していきたいし、シーズンが終わった時にはチームの誰もが「とてもいいシーズンだった」と感じることができるはずさ。

——ライプツィヒは評論家も驚くような成績を残してきました。その要因は?

フォースベルク チームのメンタリティだろうね。練習だろうと、試合だろうと常に全力を尽くすことができている。試合でピッチに立てば90分を通してすべてを出し切っている。ツキに見放された試合もあったけど、スウェーデンでは“ツキはつかみ取るもの”という言い回しもあるんだ。ブンデスリーガに簡単な相手はいない。限界までやらなければいけないと分かっているからこそ、日々ハードな練習をこなしている。素晴らしいチームだよ。

——第24節のウォルフスブルク戦、第25節のブレーメン戦と連敗をしても、すぐにチームを立て直してきました。

フォースベルク どんな試合でも学ぶことはあるからね。特に僕らのような昇格チームならなおさらだ。試合が終わったら、次の試合はどこを改善できるか考えるんだ。練習場でもスタジアムのピッチでもサッカーを楽しみたい。チームの雰囲気はとてもいいよ。だから2度、3度負けてもそれを乗り越えられる。それに僕自身、試合前に緊張したりするタイプではないしね。

——チームに忍耐力もついてきたのでは?

フォースベルク そのとおり。忍耐力もついたし、それ以上に柔軟さがついたね。5ー3ー2でも、4ー3ー3でも、4ー2ー2ー2でも、いろいろなシステムで戦えるようになった。

「32アシストに届いたら満足できるかもしれない」

——あなたはマルメ(スウェーデン)時代に欧州チャンピオンズリーグ(CL)の舞台を経験しています。若いチームメートにCLの経験を話したりしていますか?

フォースベルク CLについて話をしたことはないんだ。CL出場が確定したら変わるかもしれないけどね。もちろん、チームが目指しているのはCLだ。けれどまだリーグ戦は残っている。もう4位以内は確定させたと安心してしまってはいけない。僕らは何としても2位を守り抜きたい。

——あなたに対して誰よりも厳しいのはあなた自身だそうですが、ここまでは文句のつけようのない成績です。

フォースベルク そんなことはない! まだまだだよ。32アシストに届いたら満足できるかもしれないけどね。チームと同様、今季はいいパフォーマンスができているけど、もっとやれるし、もっとやりたいと常に思っておかないと。

——2021年までだった契約を1年延長しました。それだけの長期契約を結んだということは、ブンデスリーガだけでなくライプツィヒの街も気に入っているということですか?

フォースベルク そのとおりだよ。妻も、それから我が家の犬もとても快適に過ごしている。ここに来て困ったことは一度もないし、幸せに暮らしていくためのすべてがそろっている。ライプツィヒは本当に美しい街だし、大好きだよ。

「僕らスカンジナビアンはきっと賢いんだ(笑)」

——シャンガ夫人はライプツィヒの女子チームの一員としてブンデスリーガ4部でプレーしています。女子チームはどうですか?

フォースベルク チームもシャンガも大きなポテンシャルを持っている。サッカーをとても楽しんでいるチームなので、まだまだ成長できると思う。

——お互いに批評し合ったりするのですか?

フォースベルク 僕のパフォーマンスが悪かった時にウチに来て見れば分かるよ(笑)。いやいや、それは冗談だけど、あまりいい試合じゃなかった時は話をする。例えば、「あの場面はどうしてあの判断をしたの?」とか、「パスも、クロスも、それからシュートも良くなかったよ」とか。そういう時はこう答えるんだ。「それは分かっている。でも、すぐに次の試合がやってくるよ」とね。すると、シャンガは「次の試合まで1週間もあるじゃない。今日の試合は本当にダメだった。次戦を考える前に、まずはそこを分析しないと」と返してくるんだ。

——最後になりますが、あなたは本当にドイツ語が上手ですね。学校で習ったことがあるのですか?

フォースベルク ドイツ語の授業を受けたことはないよ。ここに来てから覚えた。

——北欧の人々はドイツ語であれ英語であれ、すぐにマスターしてしまいます。同じスウェーデン出身のオスカー・ウェント(メンヘングラートバッハ)は「スカンジナビア半島の人間はかつて漁師だったから、外国にも適応しやすい」と言っていましたが。

フォースベルク そういう考え方をしたことはなかったけど、「なるほど」という理屈だね。僕らスカンジナビアンはきっと賢いんだよ(笑)。それにスウェーデン語とドイツ語は近いところもある。例えば、腕、足、手、背中なんて単語は発音もスペルも似ている。英語に関しては、スウェーデンのテレビはアメリカのドラマや映画をオリジナル音声のまま字幕つきで放送しているからだと思う。ドイツだとドラマも映画もほとんどが吹き替えだけどね。僕もアメリカのドラマは大好きなんだ。スウェーデンではそういうのが何よりの英語の授業になっている。だから、僕らは英語もドイツ語もできるんだ。もちろん他のこともよくできるけどね。例えばサッカーとか(笑)。