Summary

  • バイエルンのGKウルライヒがサポーターを試合に招待
  • 招待されたのは末期がんを患う17歳のジャックスさん
  • ジャックスさんは第27節のホッフェンハイム戦を観戦

バイエルン・ミュンヘンのGKスベン・ウルライヒが、余命いくばくもない17歳のサポーターを第27節のホッフェンハイム戦に招待した。

17歳のバイエルンのサポーター、デニス・ジャックスさんは、血液がんのため自宅から遠いアリアンツ・アレーナでの試合観戦ができなくなった。「死ぬ前にもう一度バイエルンの試合を見たい」。そう願うジャックスさんの希望を叶えるべく、ウルライヒはウィアゾル・ラインネッカー・アレーナで行われたホッフェンハイム戦のチケットをプレゼントした。

マヌエル・ノイアーの負傷離脱により、ウルライヒはホッフェンハイム戦でもバイエルンのゴールマウスを守った。「普通のことをしたまでだよ。助けてあげたいという気持ちの問題で、深く考える必要のないことだった。後回しにしてもいいことはいくらでもある」

試合前に、「言葉もありません。試合を楽しみにしています。バイエルンが4ー0で勝ったら最高だと思います」と話していたジャックスさん。残念ながら試合に敗れてしまったが、最高の思い出になったことは間違いない。