Summary

  • 原口が所属するヘルタ、ブルックスが移籍
  • 入れ替え戦を制したウォルフスブルクへ

5月25日と29日に行われたブンデスリーガ入れ替え戦を制し、残留を決めたウォルフスブルクがさっそく補強に動いている。同クラブは31日、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンからジョンアンソニー・ブルックスを獲得することを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなっている。

ウォルフスブルクのスポーツディレクター、オラフ・レッベ氏は同クラブ公式HPで「ブルックスを獲得できて本当にうれしいです。素晴らしい才能と野望を持つCBの補強が叶ったことで、我々のディフェンスは強化されることでしょう。そして彼は24歳という若い年齢ながら、経験も非常に豊富です」と話し、またブルックスも「故郷を離れるという今回の決断は、もちろん簡単なものではありませんでした。しかしレッベSD、アンドリース・ヨンカー監督との話し合いを終え、どうしてもウォルフスブルクでプレーしたいと思ったのです。ウォルフスブルクはここ数年間で成功を手にしていましたが、再びそれを得られるよう、私も彼らの一部として貢献していきたいと考えました」とコメントしている。

2012/13シーズン、当時2部だったヘルタでトップチームデビューを果たしたブルックスは、ここまでリーグ戦119試合に出場。米国代表としても30試合でピッチに立っている。