Summary

  • ウォルフスブルクのFWゴメスの独占インタビュー
  • 第13節終了時点でウォルフスブルクは15位に低迷
  • 今節はゴメスの古巣バイエルンと敵地で対戦する

ブンデスリーガ第13節を終えて2勝4分け7敗の15位。ウォルフスブルクがまさかの不振に陥っている。現在3試合白星なしという苦しい状況の中、12月10日には王者バイエルン・ミュンヘンと対戦。この一戦を前にエースのマリオ・ゴメスが独占インタビューに応じ、チームの状況や古巣対戦への思い、そしてブンデスリーガの魅力について語った。

——ウォルフスブルクには素晴らしい選手がそろっていますが、不調に陥っている原因は何でしょうか?

ゴメス その質問に簡単に答えられるなら、すでにこの状況を変えているだろうね。一つを変えたら、すべてが良くなるなんてことはあり得ない。多くの原因があるはずだ。僕らは今、自信を持ってプレーできていない。前節のヘルタ・ベルリン戦(2-1で後半へ折り返したが、結果は2-3の逆転負け)の前半のように、僕らはシンプルに戦うことに集中しなければいけない。

——第10節のフライブルク戦に3-0で勝利した後、バレリアン・イスマエル監督が正式就任したことで落ち着いたかに思われました。これがチームの自信につながらなかったのはなぜでしょうか?

ゴメス フライブルク戦後、僕らは希望を持っていたが、そんなに簡単ではなかった。一度の勝利で調子を取り戻せるわけではないんだ。クラブは一丸となって不調の原因を分析しなければいけない。どのトレーニングセッションでも、選手たちは素晴らしい能力を見せている。みんなで切り替えて次へ進まなければいけない。

——ウォルフスブルクは12月10日に敵地でバイエルンと対戦します。古巣であるバイエルンは最近、初黒星を喫して首位から陥落しました。

ゴメス バイエルンのような常に勝ち続けているチームでも、新しい監督が新しい哲学を取り込もうとすれば、すべてが根づくまでには時間がかかる。バイエルンでは3つの引き分けでも、それは“危機”を意味するんだ。でも納得のいく勝利を一つ収めることができたら、またいつもどおり連勝街道を突き進むだろうね。

——3年ぶりにアリアンツ・アレーナでプレーしますが、今の気持ちは?

ゴメス バイエルンでは選手として最も良い時期を過ごした。ミュンヘンは僕のホームでいつも心の中にある。今でも自分がバイエルンの選手だと思ってしまうぐらいだよ。よくミュンヘンに行くし、バイエルンには友達も多いからね。今回の試合を楽しみにしている。でも、今のチーム状況を忘れるほど興奮はしていないよ。

——ブンデスリーガの他にもイタリアのセリエA、トルコのスュペル・リグでプレーしました。2つのリーグと比較してブンデスリーガをどう思いますか?

ゴメス 人を魅了するという点ではブンデスリーガが最高だね。タイトル争いはバイエルンが支配してきたが、その下の欧州行きを懸けた争いはとても面白い。今季はバイエルンがその争いの真っただ中にいて、思いがけないチームが予想以上の結果を残すかもしれない。ブンデスリーガ全体のパフォーマンスレベルの差が縮まってきて、クラブの力は今まで以上に拮抗している。

——典型的な9番のポジションが時代遅れだと見られていましたが、最近になってまた多くのチームがそのようなストライカーを起用しています。この急速な変化をどう感じていますか?

ゴメス フットボールは多くの人に刺激を与えるが、それと同時に極端なスポーツでもある。最新のイノベーションが絶対的なものとよく言われるが、サッカーの原理として試合に勝つためにはゴールが必要だ。そしてストライカーはいつも最前線で活躍するもの。常にゴールを狙うような選手はどんな時でも必要とされる。

——ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は“偽9番”を使っていましたが……。

ゴメス ドイツ代表の試合で“偽9番”を見た時は刺激を受けたよ。でも、個人的に自分を攻撃的MFやDFだと思ったことはないし、今の代表チームに僕の居場所がないという意味ではない。監督が“偽9番”を使うべき試合は間違いなくあるだろうし、そうなれば僕はベンチにいることになるだろうが、全く問題はないよ。逆に典型的なストライカーが必要な試合では喜んでプレーする。