Summary

  • ライプツィヒのウェアナーがドイツ代表戦を欠場
  • 9月26日のCLベシクタシュ戦で首を負傷

ライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ウェアナーが、10月5日と8日に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選の北アイルランド戦とアゼルバイジャン戦を欠場することが明らかになった。

ウェアナーは9月26日に行われた欧州チャンピオンズリーグのベシクタシュ戦で首を負傷して途中交代。10月1日に行われたブンデスリーガ第7節のケルン戦も欠場していた。

ヨアヒム・レーフ監督にとっては頼れる得点源を失うことになったが、追加招集は見送る予定。ドイツは予選残り2試合で勝ち点1を獲得すれば、ロシア大会の出場が決定する。