Summary

  • ライプツィヒのウェアナーがチームに合流
  • 昨季はチーム最多の21ゴール、コンフェデ杯では優勝に貢献
  • 来夏のワールドカップ出場に向けてアピールは続く

2016/17シーズン、ティモ・ウェアナーはライプツィヒ加入1年目ながらチーム最多の21得点を挙げて躍進に貢献。シーズン終了後にはドイツ代表の一員としてFIFAコンフェデレーションズカップ(コンフェデ杯)に出場してタイトルも勝ち取った。「おとぎ話みたいだった」という激動の1年を終えた若きエースが、オーストリア・ゼーフェルトで行われているチーム合宿に合流した。

「とんでもないシーズンだった。シュトゥットガルトで降格を味わったと思ったら、ライプツィヒで2位になり、コンフェデ杯では優勝して得点王にもなった。夢のようというか、おとぎ話のようだよ」。昨季を振り返ったウェアナーは興奮気味にそう話した。

ドイツ代表のヨアヒム・レーフ監督は、コンフェデ杯で戦ったすべての選手に来夏のワールドカップに出場するチャンスがあると明言。そのためにもまずはクラブで結果を残す必要があり、ウェアナーも「W杯に向けてアピールしていかないと」と新シーズンへの意気込みを語る。

コンフェデ杯決勝のチリ戦でラース・シュティンドルの決勝点をアシストしたウェアナーは、「世界中で見てもらえた」と充実の表情を浮かべる。今季は欧州チャンピオンズリーグ(CL)という世界中が注目する舞台も待ち受けている。「CLもコンフェデ杯と変わらない。強い相手と当たることになる」と語るウェアナーは、今度はCLの舞台でアピールするつもりだ。

試合数の多さがチームに少なからず影響を与えることも覚悟している。「もしかしたら、今季はバイエルンを追う1番手は僕らではないかもしれない。どの対戦相手にも同じようにプレーするのではなく、それぞれ適したやり方をしないとね」。ウェアナーは、チームの強さを支える豊富な運動量を、相手を見極めた上でうまくコントロールしていく必要性を説いた。

バカンス中はボールには触れず、ベルリンとシュトゥットガルト、そしてタイで過ごした。「休みを満喫したよ。もう2、3日長くても良かったけどね。でも、僕は若いから大丈夫」。真価を問われるブンデスリーガ参戦2シーズン目、ライプツィヒのエースは頼もしくそう言い切った。