現在ブンデスリーガの各クラブは冬季キャンプ中。1月8日も各地でテストマッチが行われた。

フライブルクがダブルヘッダーを実施

スペインで冬季キャンプを行っているフライブルクが1日2試合のダブルヘッダーを実施。お昼のゲームではニールス・ペーターセンの2得点とゲオルク・ニーダーマイヤーの得点でリヒテンシュタインのファドゥーツに3ー1で勝利したものの、夕方に行われたPSVアイントホーフェン(オランダ)戦は1ー2で競り負けた。

ホッフェンハイムが新年初勝利

リーグ前半戦を無敗で乗り切った好調ホッフェンハイムが新年最初のテストマッチで白星を飾った。マーク・ウトとシュテフェン・ツバーの得点でオランダのフローニンゲンに2ー1で勝利。試合後、ユリアン・ナーゲルスマン監督は「短い準備期間での重要なテスト。満足している」と話した。

フランクフルトも白星スタート

長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトはアブダビで中国スーパーリーグの長春亜泰と対戦。11分にハリス・セフェロビッチのゴールで先制すると、後半にもブラニミール・ルゴタが2ゴールを挙げる活躍で、この冬最初のテストマッチを3ー0の快勝を終えた。

1月8日に行われた主なテストマッチの結果
フライブルク 3ー1 ファドゥーツ(リヒテンシュタイン)
アイントラハト・フランクフルト 3ー0 長春亜泰(中国)
ホッフェンハイム 2ー1 フローニンゲン(オランダ)
フライブルク 1ー2 PSVアイントホーフェン(オランダ)
レーバークーゼン 4ー2 エストゥディアンテス(アルゼンチン)