短い休暇を終えて冬のキャンプに突入したブンデスリーガの各クラブが徐々にアクティブになっている。1月7日には各地でテストマッチが行われた。

ライプツィヒが1ー5で大敗

ポルトガルのラゴスで今年最初のテストマッチを行ったライプツィヒはオランダの強豪アヤックスに5点を奪われて大敗。後半の立ち上がりまでに大量4失点を喫し、63分にデービー・ゼルケが1点を返すのがやっとだった。

ドルトムントが好発進

スペインのマルベージャでキャンプを行っているドルトムントは新年最初の試合でオランダ王者PSVと対戦した。19分にマーコ・ロイスのゴールで先制すると、40分に香川真司、52分にはアンドレ・シュアレが加点。その後、元ボルシアMGのルーク・デ・ヨンクに1点を返されたが、最後はクリスチャン・プリシッチが決めて試合を締めくくった。

クレメンスが復帰ゴール

大迫勇也所属のケルンは2部のボーフムと対戦し、この冬にマインツから加わったばかりのクリスティアン・クレメンスの得点で1ー0の勝利を収めた。ケルンの下部組織で育ち、2013年まで在籍していたクレメンスにとってはうれしい古巣復帰弾となった。

マインツがフェイエノールトに敗れる

マインツはこの冬、早くも2試合目のテストマッチを行ったが、オランダのフェイエノールトに0ー2で敗戦。前日のデン・ハーグ(オランダ)戦で実戦復帰を果たした武藤嘉紀はこの日も途中出場したが、ゴールに絡むことはできなかった。

1月7日に行われた主なテストマッチの結果
インゴルシュタット 3ー0 ハイデンハイム(2部)
アウクスブルク 1ー1 AZ(オランダ)
マインツ 0ー2 フェイエノールト(オランダ)
ウォルフスブルク 1ー2 ヘーレンフェーン(オランダ)
ホーフム(2部) 0ー1 ケルン
ドルトムント 4ー1 PSV(オランダ)
ライプツィヒ 1ー5 アヤックス(オランダ)