Summary

  • ブンデスリーガ第7節を「数字」でプレーバック
  • 偉大な記録、不名誉な記録、珍記録を総まとめ

ドルトムントの香川真司が日本人単独トップとなるブンデスリーガ通算38ゴール目をマーク。北部ダービーではついに“ミレニアム世代”がデビューを飾った。第7節を数字で振り返る。

「1」

アウクスブルクのGKマービン・ヒッツがドルトムント戦で今季初のPK阻止に成功

「2」

バイエルン・ミュンヘンはリーグ戦2試合連続で2点リードから追いつかれるというクラブ史上前例のない失態を演じた

「3」

フライブルクが第6節までのチーム総得点(2点)を上回る1試合3得点ホッフェンハイムに3ー2の逆転勝ちを収めた

「3」

ドルトムントとアウクスブルクは開始15分までに今季リーグ最多の3ゴールを挙げている(ドルトムントは4分にアンドリー・ヤルモレンコが、アウクスブルクは11分にカイユビが得点を挙げた)

「3」

ウォルフスブルクはマーティン・シュミット監督の就任後、3試合連続の引き分け

「4」

ハノーファーのマーティン・ハーニクは今季のアウェーゲームの全4試合でゴールを決めている

「5」

ハンブルガーSVのキリアコス・パパドプロスがブレーメン戦で今季5度目の警告を受け、累積警告による今季最初の出場停止者となった

「6」

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)が対ハノーファー戦でのホームゲームで6連勝を達成。6連勝は同一カードでのクラブ最長記録

「7」

ブレーメンのイリ・パブレンカが相手の枠内シュート7本をすべてセーブ。枠内シュート7本を打たれての無失点は今季リーグ初

「7」

アウクスブルクのセルヒオ・コルドバがリーグ唯一の開幕7試合連続途中出場

「9」

ハンブルガーSVのマークス・ギスドル監督はリーグ戦でブレーメン相手に9戦未勝利(5分け4敗、ホッフェンハイム時代も含む)

「13」

レーバークーゼンのレオン・ベイリーがブンデスリーガ13試合目の出場、通算13本目のシュートで初得点をマーク

「17」

ハノーファーがアンドレ・ブライテンライター体制17試合目にして公式戦初黒星を喫した

「38」

ボルシアMGのマティアス・ギンターがハノーファー戦で得点を挙げ、ブンデスリーガでの連続ノーゴールを38試合で止めた

「38」

ドルトムントの香川真司がアウクスブルク戦でブンデスリーガ通算38得点目をマーク。岡崎慎司(現レスター/イングランド)を抜いて日本人選手歴代得点ランキングの単独トップに立った

「200」

ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンが同クラブでの公式戦通算200試合出場を達成

「234」

バイエルンのフランク・リベリがブンデスリーガ通算234試合出場を達成。ハサン・サリハミジッチ氏が持つ同クラブの外国人最多出場記録に並んだ

「400」

シュトゥットガルトのエベニーザー・オフォーリがクラブ通算400人目となるブンデスリーガデビューを飾った

「2000」

ハンブルガーSVの17歳、ヤンフィーテ・アープが“北部ダービー”の89分に途中出場。2000年生まれの選手として初のブンデスリーガデビューを飾った