Summary

  • 昨季から好調を維持するボルシアMGのアザール
  • 今季は開幕から全試合に先発して2ゴールと好調を維持
  • 目標はヘッキング監督の下でワールドクラスへ成長したデブライネ

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)のトルガン・アザールは、ベルギー代表のチームメート、ケビン・デブライネ(マンチェスター・シティ)がそうだったように、自らもディーター・ヘッキング監督の下で大きく成長できると確信している。

デブライネは2014/15シーズンにヘッキング監督率いるウォルフスブルクで中心選手として活躍。シーズン10ゴールに加え、ブンデスリーガ記録となる21アシストをマークし、チームの2位躍進の原動力となった。

そのシーズンにドイツ年間最優秀選手に輝いたデブライネは、2015年夏にマンチェスター・シティへ移籍。一方のヘッキング監督は2015/16シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)でチームをベスト8に導いた。翌2016/17シーズンは14位に低迷して2016年10月に解任の憂き目に遭ったが、2カ月後にボルシアMGの監督に就任。低迷していたチームを立て直し、降格圏から9位まで浮上させた。

アザールは昨季終盤の8試合で2ゴール3アシストを記録し、土壇場での巻き返しに大きく貢献していた。今季もその好調を維持し、第7節終了時点で全試合に先発して2得点。ロートバイス・エッセンに苦戦を強いられたドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)1回戦ではラファエルの決勝点をアシストした。

ロシア・ワールドカップ欧州予選を戦うベルギー代表に招集されたアザールは、デブライネらと合流。自国メディアの取材に応じ、ヘッキング監督から多大な影響を受けていることを明かした。「ケビンのようにうまくいくよう願っているよ。今の彼の状況は僕もうれしい。彼には自信を与えてもらっている」

アザールの目標はデブライネや兄エデン(チェルシー)のような一流プレーヤーになること。「(今季は)システム変更があって、以前よりもワイドな位置でプレーするようになった。素晴らしいシーズンになればと思っている。クラブのために良いパフォーマンスを見せなければならない。代表でもチャンスがあれば、それをつかみ取りたいね」