プロフィール カール・ホプフナー

カール・ホプフナー

リーグ協会取締役

カール・ホプフナーは1983年からFCバイエルン・ミュンヘン に所属。
当初からの役職であるFCバイエルン・ミュンヘンe. V事務局長に加え、シュポート・ウェアベ有限会社(Sport-Werbe GmbH)社長も兼任。
それ以前は製造業の企業で管理職を務めていた。

1952年8月28日に生まれ経営学を修めたホプフナーは、FCバイエルン・ミュンヘン代表取締役代理として財務、チケット、会員サービス、社内サービス、法律、人事部門、及びFCバイエルン・ミュンヘン株式会社による出資関連部門の責任を担う。
2009年からは欧州サッカー連盟(UEFA)クラブ委員会および運営に関する専門家委員会の一員であり、2010年8月18日にはドイツサッカーリーグ(DFL)、リーグ協会の取締役に選出された。

ホプフナーが事務局長、代表取締役代理を務めた時期に、FCバイエルン・ミュンヘンはインターコンチネンタルカップ優勝(2001年)、チャンピオンズリーグ優勝(2001年)、UEFAカップ優勝(1996年)、ドイツリーグ優勝15回、ドイツカップ優勝9回、スーパーカップ優勝9回など輝かしい功績を挙げている。
2012年11月15日からは、FC Bayern München eV の第1副会長を務め、FCバイエルン・ミュンヘン株式会社の監査役でもある。

生年月日1952年8月28日
1983年からFCバイエルン・ミュンヘンe. V事務局長
後にシュポート・ウェアベ有限会社(Sport-Werbe GmbH)社長
2009年から欧州サッカー連盟(UEFA)クラブ委員会および運営に関する専門家委員会の一員
2010年からリーグ協会取締役